Dogs of Bay

アクセスカウンタ

zoom RSS 僕達の夏休み☆(カナディアンカヌーに乗ってみたよ♪)

<<   作成日時 : 2007/08/09 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 分散型、夏休み♪
 木曜日にお休みを取るのって、最高です。結構疲れてしまっても、1日頑張れば、土日がやって来る〜♪(我ながら、ノーテンキだ。。
 
 そんなわけで、今日は、埼玉県の名栗湖にある、『名栗カヌー工房』さんを訪ねてみました。
 インターネットで発見したのですが、手作りの木のカヌーを作っている工房で、『カヌー犬教室』を開催しておられるのです。
 発見した途端、目がキラ〜ン

 ただ、この名栗湖、僕達が得意な、高速道路でピュ〜♪というわけにいかず、下の道をエッチラオッチラ登っていくので、距離は70キロくらいなのだけど、とんでもない時間がかかります。
 でも、久しぶりに、普段通らない道を通るのも、悪くないです。
 八王子の周辺を抜けるのに手間取り、2時間半くらいかかって、ようやく、周辺に辿り着きました。青梅から奥多摩に進んでいくと、すばらしいオゾン!
 あっ!こっちだ!
 
画像

 名栗湖を回りこむと、有りました♪『名栗カヌー工房』さんです。
 
画像

 駐車場に車を止め、フロントで申し込みをして、荷物を持って2階に上がります。
 今回の『カヌー犬教室』は、ヒトもワンもライフ・ジャケットを着て、最初に、ワンの水泳をします。カヌーから転落しても大丈夫でないと困るのです。僕達は、ワンと一緒に泳ぎましたが、ワンとスタッフの方に水泳をお任せして、その間に、漕艇を習うやり方もあるようです。
 (水難事故に備えて、ちゃんと保険もはいるのですよ。

 いよいよ、教室の開始時間になり、カヌー工房を抜けていきます。
 
画像

 ここでは、木製のカヌーがたくさん組み立てられていて、何ヶ月もかけて、自作のマイ・カヌーを作っておられる方もいらっしゃるそうです。
 木の香りが、素晴らしく良い匂いです。

 工房の出口で、ヒトのライフジャケットを着せていただき、パドル(カヌーを漕ぐオール?です。)と、お尻の下に敷くクッションを借ります。
 
画像

 インストラクターの女性と、湖面まで、長い階段を下りていきます。名栗湖は、夏場は大雨に備えて、むしろ、水位を低くしているそうです。冬場は、ずっと、水位が上がり、周りの傭壁のかなり上まで水没するのだそうです。
 この階段の横の鉄製の手すりのようなものは、実は、カヌー用のエレベーターだそうです。
 さぁ、桟橋まで降りましょう!
 
画像

 この後、桟橋から、みんなで、湖水に入り、購入したダミーを駆使して、水泳教室です。
 残念ながら、全員、水に入ってしまったので、画像が無いです。
 ロビンとサンディーを比べると、サンディーのほうが、水になじむのが上手です。インストラクターさんが、とっても上手に説明してくれました。
 「サンちゃん、お尻の位置が上に上がってきたでしょう?あれ、とっても楽に泳いでいるんです。ロビンちゃんは、一生懸命だけど、まだ、水が苦手で、力が入っているから、お尻が沈むんですよ。」
 「へぇぇ〜〜〜!!

 カヌーから落ちた時、または、カヌーがチン(ひっくり返る。。)した時、岸に向かってまっしぐらに行かれては、困ります。カヌーを起こして、もう一度乗ってもらわなくてはいけないのですが、ここで大事なのが、「呼び!」
 で、、、ロビ助、サンちょろともに、水中では、呼びが効かない、、、。まっしぐらに、岸に向かってしまうのでした。。
 「もう少し、呼び戻しができると良いですね。」
 「ハイ。。。。。

 どうやら、呼び戻しに成功したところで、カヌー犬教室に入ります。
 素晴らしく安定感が有って、取り回しがよく、力がある@番兄ちゃんに後ろに乗ってもらい、僕は、@番の「右〜」「左〜」の指示で、ソコソコにパドルを漕ぎます。
 カヌーが滑り始めると湖面の風が気持ち良いです。
 
画像

 『カヌー犬』、どうだった?
 
画像

 ライフジャケットを着ていると、泳ぎの上手くない僕でも、安心して浮いてられます。
 安心感があるせいか、とっても楽しかったですよ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
単にカヌーに乗せるだけでなく、準備から丁寧に指導してくれるようで、とても好感がもてる教室ですね。

実は「夏の湖」、って意外と危険です。夏場は湖水循環がとまるため、表水温は高くても、水の比重の関係で、ある水深で水温がぐっと下がります。また、海水と違い浮力がないので、落水すると大変。

ということで、ワンだけではなく、人も必ずライジャケを着ましょう。エンジン付のボートで湖に釣りに出るときは、必ず着用しています。
龍パパ船長
2007/08/10 07:36
龍パパ、こんばんは〜☆
この手作りの木のカヌー、どっしりして、取り回しは驚くほど軽いです。初めての僕達でも、インストラクターさんに見本を見せていただき、コツを習うと、なんとか漕艇できました♪
龍パパ、こいつで、釣りをされたら、絵になるのでしょうねぇ!

そうそう、足のつかないところで、急に冷たいところが有って、ビックリしました。湧き水が流れ込んでいるのかな?と思いましたが、そうだったんですか?ビックリ。

ライフジャケット、安心ですよね。足のつかない場所でも、落ち着いて、ロビン達を見守れました。ロビン達のジャケット購入するときに、一緒に買っておくのだったです。笑
ロビンぱぱ
2007/08/10 18:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
僕達の夏休み☆(カナディアンカヌーに乗ってみたよ♪) Dogs of Bay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる