Dogs of Bay

アクセスカウンタ

zoom RSS ST連合会西日本アジリティー競技会@ドラハ♪(ロビンの番☆)

<<   作成日時 : 2008/03/20 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 前回のドラハ、3リンクで開催して、表彰式がすべて終了したのは8時過ぎでした。。

 最近のアジリティー競技の参加頭数の増加ペースは本当にものすごく、屋外で行われる大会は、4リンクが当たり前になってきていて、3リンクしかとれない会場(つくばとか)だと、2度以上とか先着○○頭とか頭数制限をしないと無理!になってきました。
 今回、『ドラハで4リンク』、そして『それを可能にするための120センチバーの採用』というのは、やはり狭い日本での当面のアジリティー事情としては、しばらくはトレンドになるのかな?と思います。
 
 実は、『4リンク』と聞いた時から、もしかしてリンク周りのスペースなしで、走る時以外は、駐車場で待機!とかだったらどうしよう?雨だし。。とか心配していたのですが、実に上手に設営されていて、ちゃんと待機スペースも用意されていました。
 そして、進行スケジュールが配布され、テキパキととっても気持ちの良い進行でした。
 これが刺激になって、西の訓練競技会もゼッケンどおりに運営されるようになれば良いのにな。

 さて、今回、久々に1度ラージは、AGからでした。
 せまいこともあるし、ドームでの反響音を少し減らしたかったのかな?一息入れられるタッチ障害が有って欲しい僕としては、ちょっと不満なシーソー無しのレイアウトでした。
 ぐるりと回りこんだ後、スラから出たら、ジャンピング!ジャンピング!って感じでした。
 ですから、とにかくドッグ・ウォークまではパーフェクトに行けるだろうから、その後、スラを出てから、なんとしてもコマンドをピッタリ合わせて、落下するバーを1本でも減らしたいな!と思っていたのです。
 で、、、      →コレ

 実は、スタート直後にAフレームの下りのタッチを止めたのだけど、ピタ・・・と止まらず、スルスル・・と前に出られたので、ドッグ・ウォークの下りは何が何でも止めたかったのです。
 で、本当は次のバーの手前からスタートさせる検分がドッグ・ウォークからの同時スタートになってしまい、そのバーはクリアしたものの、僕のステップが次の90度に送り込まず、その先にショートカット気味に流れて、バーを落とさせたし、落下のショックで、本来送り出してリアする位置を更にオーバーランしたので、キッチリとAフレームを指示することになってしまいました。。
 で、とっても楽しそうに2回目のAフレームにロビ助は昇っていき、失格になってしまったのでした。。

 スモール・ミディアムの人には怒られるだろうけど、AGが最初って、嫌いだ〜!!

 そして、4リンクの効果は絶大で、2度がドンドン終了していきます。一方、1度JPリンクは、スモール・ミディアムは終わりましたが、1度ラージAGが競技中なので、検分が開始できません。
 ようやく、1度ラージAGが終わり、ラージJP1度のコース検分。

 前回JPで遅れ気味になるコマンドを『ピントピッタリ』に修正することがドラハのテーマだったので、今回のドラハは、AGよりもJPに燃えておりました。
 あ〜それなのに、AGにもジャンピングっぽいシーケンスがあったのにたどり着けなかったわけで、「よ〜し!今度こそ〜!!」だったのです。
 実は、ピースとうちゃんが、JP出走直前の僕のスナップを撮ってくださっていて、「渋くて何か絵になる画像だから・・・」と送っていただいたのが↓なんですけど、
 
画像

 すごい『意気込み』が伝わってくるでしょ?

 最初、右付けスタートか左付けスタートか迷ったのだけど、スタートからの斜め3本の3本目が微妙にずれていたので、2本目を飛ばせてから3本目に払うようにロビンのラインを作りたくって、右付けにしました。結果、これが大失敗だったのです。  →コレ
 
 この失敗、実はすごく奥の深いもので、翌日の夜練で教えていただき、もう、目からウロコがバラバラバラ〜〜!!だったのだけど、要は作戦ミスです。
 右付けで更にやや斜めにロビンのスタート位置を決めたことで、本当に狭いのだけど、直線3本が成立してしまったのでした。
 ですから、スタートバーこそド真ん中を跳んでいますが、2本目の右ギリギリを飛び落下、更に、3本目も右ギリギリを飛びウィングが倒れてしまったのでした。
 この3本目、帰りにも通過するバーだったので、失格になってしまいました。

 実は僕の手応えでは、3本ともきれいにクリアしたと思っていました。
 ですから、スラの最後を抜けてしまってやり直そうとして笛を吹かれたので、振り返ってビックリだったのです。
 練習を続けてロビンが「薄く」バーを跳ぶのが平気になっていたこと。でも、それは150のバーで120ではなかったのです。

 走り終わって、ビデオを撮影してくださった、お友達に、「どうしたの?あんまり早く終わっちゃったので、何が起きたのかわかんなかったよ〜!」と怒られちゃったけど、最近のファインダーの無い液晶モニターだけのビデオだと、スラの途中でパッ・・・タ・・・ン・・コロン♪、、ピ〜♪だったから、わけわかんないと思いますよ。。

 実は、僕も頭真っ白でリンクから出てきたのだけど、驚いた事にコース検分を終えた師匠が見ていてくださっていて、
 「惜しかったですねぇ。。作戦がねぇ。。」
 とおっしゃったのです。
 不思議でしょ?1・2・3ドッカ〜ンなのに「惜しかった」って。。
 でもね、なんだか、そんな気がします。なんだか、手応えを感じていたのだもの。。

 今回の敗因。。絶対、風邪のせいです。。
 せっかく良い状態に持ち上げてきたのに、最後の仕上げの時期に風邪で練習サボってたのだから。。
 練習不足で怪我されたらえらいことになるとこだったわけだし。。猛反省でした。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ST連合会西日本アジリティー競技会@ドラハ♪(ロビンの番☆) Dogs of Bay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる