Dogs of Bay

アクセスカウンタ

zoom RSS 北関東ブロックアジリティー競技会@壬生(ロビンの番☆)

<<   作成日時 : 2009/03/28 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 今日は、北関東ブロックアジリティー競技会でした。
 去年も来た感じがしたのですが、驚いたことに、1昨年でした。月日の経つのは、本当に早いものですね。

 そうそう。
 その時は、師匠が腰痛で、会場にはなんとか到着されたものの、結局走ることができなかったのでした。
 だんだん思い出してきましたよ。
 とにかく高速に乗ると、ズ〜〜〜っと走って走って走って、、それでも着かないのでした。そして、到着すると、それはそれは素晴らしい見事な芝生に覆われた別世界なのだけど、駐車場から会場までが、これがまた、ウンザリするほど遠いのでした。バリケンを運んでいると、古代エジプト人のピラミッドを作る苦労を感じてしまいそうになります。

 そして、今日は、『ETC1,000円高速道路』の実は初日。
 桜は未だとはいうものの、車の量の多いこと!

 でもね。実は僕、今日は燃えておりました。前週の九州があまりにひどく、悔しかったし、このところ毎日見ているラッ君の寝顔を見ていると、やっぱり、頑張らなくっちゃ!!になるんです。
 ラッ君のおかげで、早起きも本当に苦にならなくなってきましたしね。

 目録を見ると、意外に参加者は少ない感じでした。やはり、岡山2日間が西で有るので、ほどよく分散したのでしょうか?
 リングは3リング制で、1つが1度専用。2つが2度、3度の順で行われます。
 コースレイアウトがとっても良かったのが印象的でした。良いお天気の気持ちの良い広い芝のリングを伸び伸びと使い、いい感じでうねっていきます。楽しそうだなぁ♪って、感じでした。
 何より、ストレート4本とか無いのが嬉しかったりして。

 まず、ロビ助と僕のJP1からです。
 九州ブロックでのJPは、実に6本のバーを叩き落しました。そのときの反省なんですけど、きちんとスタートの合図をする前に出てきていて、そのまま走らせてしまったです。ただでさえ興奮するロビ助ですから、アチラのペースで行かれてはどうしようもないです。ですから、当たり前の話だけど、スタートに気をつけることを意識していました。

 さて、
 
                
         

 レンガの後でフロントしてスラに誘導したのですが、実はスラを見失いました。。
 正直、よく入ってくれたと思います。
 残念ながら、バーを4本、シッポで叩き落しましたが、悪い飛び方をしているわけではないと思います。九州のときと比べると、随分注意して飛んでいるし、振り返りが減っているのが嬉しかったです。
 ただ、自分で、ゴール前の数本になると、明らかにハンドラーの走る速度が落ちている気がします。もう少しスタミナをつけて、ロビ助が気持ちよく走りぬけられるようにしてあげたら、もっと、バー落ちも減りそうです。

 今回のJP1、コース長125m、標準タイム40秒、標準旋回スピード3.13m秒。ロビンの成績、タイム30.15秒、失敗4(バー落とし)、席次37席でした。
 ロビンと僕は、大体、帰ってはきます。。が、あまりのバー落としのために、ビリかビリから2番目が定位置になります。でも、今回はビリから3番目でした。
 やはり2本の差は絶大なのです。AG頑張るぞ〜!

 駐車場までの距離が長いので、せっかくの水タンクも運べません。なので、競技リング近くの水道でお水を補給です。桜はこちらはまだみたいですが、本当に気持ちの良いお天気。来て良かったね。
 
画像


 さて、AG1です。
 前回の九州、スタートで浮いたのにスタートさせました。そのままロビンのペースで走られ、ドッグウォークの下りを
飛ばれました。バー落としにもいろいろありますが、バーの真上で失速するバー落としがありました。
 なので、その辺に注意して、水曜日に練習してきたのです。
 コースは、とても良いコースです。リングを広々と使い、トンネルの出口のねじれ、トラップが適度に配置されていて、楽しそうです。

 今回、ピース父ちゃん&かあちゃんにビデオを撮影していただきました。とても上手ですね。ありがとうございました。

                 


 「もったいな〜い。」と、ピースかあちゃんがMCを入れてくださっていますね。ありがとう〜!
 でも、1本目のバーは、僕のせいなんです。スタートで浮きかけたのをシッカリ抑えるのに成功しました。そして、ドッグウォークの下りを止めました。が、、この後、2本並んだバーから右トンネルで、しっかり1本目を走り押し込んで薄くリアスイッチなのだけど、その走り込みが足らず、リアの前で十分に押せなかったのです。
 そのモタツキがバー落としの結果になったし、ロビンの振り返りを誘発させてしまっています。
 Aフレームからは比較的スムーズに走れましたが、ゴール手前のバーにシッポがかかりました。
 ゴールの先に向けて走り抜けるイメージ、難しいです。。ラック、ごめんよ〜。。

 今回のAG1、コース長160m、標準タイム50秒、標準旋回スピード3.20m秒。ロビンの成績、タイム35.93秒、失敗2(バー落とし)、旋回スピード4.17秒、席次27席でした。(ビリから12番目でした!
 
 アジって、こういうお天気で、こういう素晴らしい会場でできると本当に楽しいです。
 いまさらなんですけど、反省しちゃいます。やっぱり、練習でクリーンランできなければ、本番では絶対にできない。そして、練習したかどうかってビデオで比べれば一目瞭然です。

 最近、ある名ハンドラーのハンドリングを楽しみに拝見しています。様々なテクニックも使われるし、ヒトワン共に僕らより年長なのに、身体能力も素晴らしいのですが、目を見張るのは(まさにウロコが落ちたのだけど・・・)指示の早さ!一言に『指示の早さ』というけれど、これが曲者で、僕はわかっていなかった?気がしてます。
 前のバーを跳ぶワンに次の障害からの着地点を指示し終わっている!というのが、必要な『指示の早さ』なんだ!と理解したのです。
 僕は、大大大バタバタハンドラーでしたが、その理由の一つに、次のバーの上空を指す!というハンドリングがありました。たとえ次がレンガであろうと、ガラスでできたレンガであるかのように、着地点を指示する!ということで理解しているのです。(違うかな??)それは、ビデオでワンになりヒトの指示を見れば、気持ちよく跳べるかどうか?すぐわかる気がしてきました。(あくまで、1度のハンドラーとして!ですからね。

 今回のAG1でも、検分と違うハンドリングをしている箇所では、僕がロビンでも振り返ります。落ちたバーの本数とか席次上はAGのほうが良さそうだけど、たとえシッポで叩き落そうが、JPのほうが全然良いハンドリングだと思いました。この会場、素晴らしいんだから、アジ2連発にしてくれれば良いのに。。
 
 なんかね。
 本部訓練競技会、出たくなくなってきました。少なくとも、週2は、アジ練したくなりましたよ。2部だけだし、アジ練中心にしちゃおうかな??

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北関東ブロックアジリティー競技会@壬生(ロビンの番☆) Dogs of Bay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる