Dogs of Bay

アクセスカウンタ

zoom RSS 近畿ブロック アジリティー競技会@ドラハ♪(ドキドキはいくつになっても?)

<<   作成日時 : 2009/11/30 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 さて、ドラハ当日。
 前日に、あまりにも凄まじい混雑のウワサ(1500走とか!!)を聞いていた僕達は、
 「タープいらないし、バリケンさえ置ければ、なんとかなるでしょ?」
 という師匠のお指図で、6時半にお宿を出発、以外にスンナリと入れてしまいました。初日に場所を確保されている方が多くって、2日目は意外にノンビリだったのかな?

 ドラハの4リンクというと、細長い狭いレイアウトが多いイメージだったのですが、この日のコースはどれも狭さを感じない良いコースが多かったように思います。
 進行表を見ると、第4リングでラージJP3(サンちゃん)、少しかぶって第1リングでラージJP1(ロビ助)、続いて第3リングでラージAG3(サンちゃん)、同じ第3リングの設営を直してラージAG1(ロビ助)という感じに僕達は進行していきます。
 第4リングのサンちゃんの出走と、第1リングのロビ助の検分が重なりそうにそうになったので、けりパパにサンちゃんのビデオをお願い(いつもありがとうございます。)して、検分をさせていただきました。ダッシュして戻ると、出走に間に合いました。

 サンディーのJP3です。
 


 失格です。
 スタートから、奥のスラまで進むサンディーの走行ラインは、最短に近い素晴らしいラインだったと思います。8番の裏跳びのバーをサンちゃんが見つけられなかったです。このGHのシーケンスの攻め方は何通りかありそうだけど、その後のダブルバーに向かうハンドリングから、師匠の立ち位置はアソコだったと思うし、恐らく練習だったら、何ということもなくクリアしたのでしょう。難しいものです。

 入れ替わりに自分のリングに戻り、ロビンを出します。
 ロビンのJP1です。(カイラスパパが撮影してくださいました。ありがとうございます。)
 

 このところ、競技会のスタートが崩れていて、僕が離れると同時に動かれてばかりでした。こちらも意地になって練習しなおすのですが、本番になるとオシリが浮きます。
 もう1つ。とにかく『指示が遅い』ということをなんとしても直したい!というのが、ハンドリングでのテーマなのですが、いまひとつ機能しません。今回も、指示を早くと焦るあまり、タイヤを指示し損なっています。
 拒絶させてしまいました。
 でも、この時点では1本落としたことに気がついてなかった(最初のフロントのところ・・・。)のです。見直してみると、全然指示も遅いし、僕の手の上下動もありますが、楽なコースにも助けられたのですが、ロビンが振り返らなかったことも、とても嬉しかったです。

 今日のドラハ、とても進行が早いです。ロビンをしまうと、もう、ラージ3度AGが、始まっています。
 サンディーのAG3です。
 


 失格です。
 くっつき犬でないサンちゃんとしては珍しくソフトの後、中に入ってしまいました。3度のコースはスペースがあまり無いので、やり直しでソフトトンネルをサンちゃんが踏んでしまい失格となりました。
 この後のロンジャンの先のトラップのスラを避けてトンネルにしっかり払うところ、Aフレームの後、松本で失敗したダブルバーをあの角度から落とさずに跳躍できるか、を見たかったので、残念です。

 さて、ここで、ラージ3度AGが終わると、コース設営があって、その後ラージ1度AGなので、食堂にウドンを食べに行き、休憩して、AG1の検分です。
 全部で16基、しかもバーはとても少ないコースです。
 ところが、自分の順番を待っていたら、何が起きたのかわからないのだけど、ガチガチと緊張してきました。口から胃が出そう?ってあんな感じなんでしょうか??
 障害数は確かに少ないのだけど、嫌らしいコースだったのも理由です。ドッグウォークの後のトンネル、ソフトの後中に入られないように走らないといけないところ、ストレートトンネルの後に寄せてシーソーに誘導するライン、シーソーの後、バーの裏に送り込み、Aフレームを飛ばせるところ、最後に、Aフレームからやたらに遠い15番バー、とかでした。
 北海道では勝手スタートされたし、それを直したけれどボックスで殺されたのが続いたし、松本はダブル失格でした。練習では良くなっているつもりなのに、本番が気持ちよく?殺されぱなっし?なんですよ。
 
 そこに、さっきのJP1で、『拒絶させたけど、落としてない』(実は1本落ちてたのだけど。。)という意識があって、なんとかしたい!!って気持ちが爆発的に強くなった??のかな??
 出来ることをしよう!!って思いました。
 滅多にしないのですけど、スタート前に、脚側しちゃいましたよ。しかも本気で。
 
 ロビンのAG1です。
 


 本当に残念ですが、1本落ちてしまいました。
 ロビンと僕には、とても多いこと。なんだけど、こんなに僕が悔しかったのは、初めてかもしれません。
 出来ることはすべてやろうとしたのだけど、『出来るように』なってないんです。。

 松本でダブル失格した時は、ヘンかもしれないけれど、全然悔しくなかった。
 何よりも、走り終わっても、片付けをしていても、ドキドキが止まらないんですよ。(救心かっ??)
 走り終わるとロビ助は決まって僕にしがみついてきますけど、そのアドレナリン?みたいの?少しわかった気もします。。 
 アジの魅力なんだと思います。
 ロビンの年齢を考えると残り少ない時間なんだろう・・・とも思います。ロビンに負担を強いて直す気はありません。でも、僕が直せるところで、直すべきところがありますし、ロビンにしたって、スタートでオシリをあげない練習では何百回やったって、負担にはならないでしょう? 

 オビとはまったく異質な、それでいて、本質はまったく同じ濃いもの。出来る間しか出来ないもの。
 また、練習しようっと♪

 ドキドキ・・・が止まりません。

             
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ロビンぱぱさん、こんばんは
ドラハ競技会、お疲れ様でした。
サンちゃん、ロビン君、おしかったですね。
とっても楽しそうで、うらやましいです。

こちらは、時間がゆっくり流れています。
来週末に、良いお知らせが出来るといいな〜と、思っています。

空は、服従も先生と頑張ってますが、
私とAGの練習を始め、タイヤも飛べるように成りました。
ももあり父
2009/12/03 22:48
ももあり父さん、こんばんは〜☆
本当に、僕達は『地の利』に恵まれていると思います。もう少し練習の成果を出したかったのですけど、贅沢は言えませんね。
僕のジャンピングの動画で雰囲気が伝わると思いますが、ドラハは、屋内野球場として利用されています。なので、天井も広く開放感があるし、なによりグランドが前面すばらしい土のグランドで、非常に走りやすいのです。
いつか、ご一緒に走れる日が来たら!と願います。

ゆっくりの時間、良くわかります。来週末、タイミング、ベストですね。本当にご連絡せず申し訳なく思いますが、白状すると、1日も考えない日は無かったりしてます。

空ちゃんの様子、先生のブログでも楽しみに拝見してます。持来の目の表情とか、父犬に似てるのにドキリとします。
タイヤ、、、すごいですね〜!!本当に幸せな娘ですね。
こちらの師匠も、ラッ君と服従を練習してくださってますが、こっそり(笑)、アジ練も始めてるみたいです。ラッ君は、なんだかクニャクニャしたデブチン(20s越してます。。)なんで、本当にアジとかできるのか?心配なんですけど、楽しみながら体が出来上がってきてくれたら嬉しいです。
ロビンぱぱ
2009/12/04 00:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
近畿ブロック アジリティー競技会@ドラハ♪(ドキドキはいくつになっても?) Dogs of Bay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる