Dogs of Bay

アクセスカウンタ

zoom RSS お礼肥え♪

<<   作成日時 : 2010/05/29 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 早いもので、5月はもう終わろうとしています。
 おウチのバラ達は、すべて鉢植えなので、月に1度、月末に追肥をしています。通常は、『ボカシ』をあげていたのですけど、4月から、油粕と骨粉をあげ始めてみました。
 
 とっても、良いような気がします。
 秋より、初夏のバラが立派なのは当たり前なのかもしれないけれど、2番花?というのか、最初に大輪が開花したあとの、5月中旬からの元気のよさが、今年は素晴らしかったです。
 
 毎朝、チリトリとホオキと植木バサミを持って、前の晩に散ってしまった花びらを集めているのですけど、あ〜あ、散ってしまったな。。と思いながら、おや?また蕾がいっぱい出てきている?と思えるのは、結構、楽しいです。
 まだ、数年の経験だし、試行錯誤そのものなんだけど、永遠の初心者もOKなのが、バラいじりなのかもしれません。

 そろそろ、おウチの初夏のバラは、フィナーレかと思うので、いっぱい画像を貼っておきます。

 ジュード君、このコロコロしたお花が、本当にタワワに咲き誇りました。
 
画像

 とにかく、元気いっぱいにワサワサと茂ってしまうのと、お花が重すぎて下を向くのが、悩みのタネです。
 イングリッシュ・ローズって、木の形が、まとまらない気がしませんか?
 今まで、鉢と添え木程度で、やってきたのですけど、来年の冬の植え替えのとき、思い切って『オベリスク』で仕立ててみようかな?

 このフルーツっぽい甘い香りは、本当に素晴らしいんですよ。
 
画像


 2番花のマサコさんです。
 
画像

 ジュード君の香りは、甘い香りですけど、このマサコさんの香りは、とっても気品のある香りです。だてにプリンセスの名前をつけさせていただいてないですね。
 比較的花もちも良く、開花すると、この鉢のそばで、クンクンしていること、結構多かったです。

 ウドンコ大将、グラミス・キャッスルです。
 そうは言っても、この株がウドンコに弱いおかげで、消毒をするタイミングを逃さないのかもしれないわけで、他のバラがウドンコに悩まされないのは、グラミス・キャッスルのおかげかもしれません。
 そう思って見てみると、純白の色も、看護婦さんに見えてくる気もしませんか?
 
画像


 毎日のように、バラの画像を撮っていると、ときどき、どれが好き?って聞いてみたくなります。先日、@番に聞いてみたら、このグラミス・キャッスルが好きだそうです。
 あんまり、アッサリしすぎじゃないかな?もう少し、クッキリハッキリしたのが好きなほうが、健康的な気がするのだけど。ま、、植えてる花自体、コテコテ系が少なすぎるかも。。

 イングリッシュ・ローズといえば!の代表選手?の一つがこれ。
 ヘリテージです。
 
画像


 これも、ジュード君と同じで、ワサワサ系ですよね。冬の剪定は、これでもか?というくらい、強めに剪定してみたけど、やはり、スクスクと爆発します。
 目の高さ?にいっぱい花をつけると、やっぱり素晴らしいです。ただ、綺麗だ!!から、あ・・落ちちゃった。。が、短いのが残念ですけど。。

 バラを始めてすぐに選んだのは、圧倒的にイングリッシュ・ローズだったのだけど、やはり、ボーダーコリーの飼い主だけあって、英国に弱いのか?と思いますが、徐々に、他国にも、進出し始めてます。(この辺、校長先生は、やはり、ドイツ製品には弱いんだろうか?ありがちかもしれない。
 で、ポール・ポギュースが今年大成功だったのは、前に書いたざんすけど、同じギヨーのおフランスのバラ、アンスティティ・リュミエールも、今年は、株が充実してきたみたいで、やっぱり、結構おフランスな色合いを出し始めました。
 
画像

 多分、これから、少しずつ、中心部がオレンジ色っぽくなるのでは?と期待してます。

 バラにとりつかれると、どうしても、新しい株を迎えたくなりません?
 広大なお庭があるわけではないので、十分な太陽光を浴びられて、株を守ることができる置き場所は、限られると思うのです。だから、凄く我慢して買わないように、毎年頑張っているんです。
 でも、これが欲しいなぁ。。と思うのがあって。

 で、こういう言い方をすると、本当にロビンに申し訳けないけれど、ワンコと付き合い始める最初は、それほど、あそこの子が欲しいなんて思わないでしょ?
 先代のチャメが本当に道で拾ったミックスだったし、ロビンだって、ペットショップから来た子ですから。
 でも、段々、いろんな知識がついてくると、アソコの子は良い!、買うならあそこってことになります。

 いつも見ている通販のバラ農家のページがあるのですけど、こちらから送られてくる株は、本当に素晴らしい株なんです。で、去年、これ買おうと思ったのがあったのですけど、悩んでいるうちに売れ切れちゃった。。
 で、たまたま、ガーデンセンターで、見つけて買っちゃったんですよね。

 その1つが、アンティーク・レース。
 
画像


 まだまだ、株が充実しません。
 でも、この緑色とアプリコット色の絶妙な(ある意味、奇妙な?)色の取り合わせは、素敵です。
 フロリバンダなのだけど、今のところは、ミニバラか?くらいです。頑張って育てないと♪

 もう1つが、カルメン。
 
画像


 後ろに大好きなプスタがぼんやりと写っていますけど、実は、このプスタがカナブンの被害にあって、ひげ根を丸坊主にされたんです。シーズン途中で植え替えましたけど、ほとんど絶望してました。
 だから、赤が欲しくって。。
 ところが、このプスタ、結構人気の無い品種らしくって、売ってません。。
 で、困ったことに、僕の好きな赤なんです。
 枯れてしまったらどうしよう。。と思って、あるバラに目をつけたんですけど、先ほど書いたように、売れきれてました。
 で、アンティーク・レースの衝動買いと同時に買ってみたのが、このカルメンなんです。
 一応、蕾をつけましたけど、どんなでしょうね?
 一生懸命やってみて、上手くいけば、来年の今頃は、充実するでしょうか?

 考えてみると、プスタも、そのガーデンセンターの見切り処分の苗でした。
 どこで、買ってきた・・・よりも、しっかり育てる!が、実を結んでくれることもあるわけです。
 でしょ??
 頑張ろうっと♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お礼肥え♪ Dogs of Bay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる