Dogs of Bay

アクセスカウンタ

zoom RSS ありライっ子達に会って来ました♪(3女のさんちゃんのご紹介〜☆)

<<   作成日時 : 2010/10/28 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 ラッ君達が、『ウリ4つ兄妹』というくらい、見分けるのが難しい子達だったことを思うと、ありライっ子達は、本当に個性のクッキリした子達です。
 もちろん、じーちゃんはレッボーだからすぐわかるけれど、足元を動き回っていても、どの子がいなくなったか?すぐに気がつくくらい、個性があります。

 そのなかでも、特に濃いなぁ・・・と僕が思ったのが、3女のさんちゃん。

 
画像


 ブレーズもカラーもソックスも、ちょうちゃんよりも綺麗なんですけど、ブレーズが丸く大きいのと、お口の周りにスポットが出てきたことで、鼻が大きいように錯覚します。
 それと、珍しいバイアイ
 だから、第1印象のインパクトがとても強いです。

 さんちゃん、実は、とっても小さかったし、生まれた直後、先生達の必死の介抱のたまもので、羊水を無事に吐き出し蘇生できたそうです。
 先生は、その時の思い出もこめて、『カシコ』ちゃんと呼ばれてましたっけ。
 
 だから、とっても小さかったのだけど、子犬が追いつくのって、凄いです。
 実は、一番に歩いたのも、目を開いたのも、さんちゃんが一番だったそうです。
 
 身の回りで、あまりバイアイの子を見るのが少なかったのだけど、ブルーの瞳を覗き込んでいると、吸い込まれそうになります。
 う〜ん。この娘、半分、ニコル・キッドマンだなぁ。。と思いました。大好きなんですよ。
 
画像


 先生が来られて、4兄妹が体重測定をしていただいていました。
 


 この先生ならではの愛情表現ですけど、『イノキ』が『ボクチン』、『ブンコ』が『ちょうちゃん』、『ジリキ』または『ヒデジ』が『じーちゃん』、『カシコ』が『さんちゃん』です。
 柵に『注意札』が有ったのもわかる気がしますが、素敵な先生です!
 バラ好きの訓練界の大御所は、どうして、怖そうなんだろう。。(イケネ・・・。地雷だ。。
 
 みんな2キロくらいです。あんなに小さく生まれてきたのに、10倍???
 大きくなったね♪

 そして、まだまだ、小さいし、先生は『ブス〜〜』っておっしゃるけれど、さんちゃん、絶対、僕は将来はニコルキッドマンだと思うな〜!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ありライっ子達に会って来ました♪(3女のさんちゃんのご紹介〜☆) Dogs of Bay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる