Dogs of Bay

アクセスカウンタ

zoom RSS 走る!ということ。

<<   作成日時 : 2011/04/16 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 我が、横浜ベイスターズが好調です!
 驚くほど、ムードが良くって、ベンチの選手達の表情がイキイキ♪しているのが目に付きます。

 昨年、公式戦が終わると同時に解約した、スカパーの『プロ野球セット』を再開し、今日ようやく届いた3本のバラ苗と、2株のゼラニウムを植え込みながら、裏庭に続く扉を半開きにして、テレビをチョロチョロ観ていました。

 神宮でのヤクルト戦で、4対0だったのだけど、とにかく信じられないくらい3塁側にベイスターズ・ファンが応援に来ていたし、選手達が張り切っているのが、手に取るように感じられました。
 終盤、6対5まで追い上げてきたとき、たまたま、手を休めて、見とれていたんですけど、1点勝っているヤクルトのベンチの表情と、追い上げているベイ・スターズのベンチの表情が、本当に対照的でした。
 去年まで、負けがこんでいた時のウチと、ヤクルトのベンチの雰囲気は、ソックリでしたね。

 これは、負けないかも・・・。と思っていたら、勝てはしなかったけれど、負けませんでした。展開的には、勝ったも同然の引き分けでしたね。

 こういうチームのなかで、とっても印象的だったのが、村田選手の激走です。
 WBCで肉離れを起こした姿を見ているので、ちょっとヒヤヒヤするのですけど、とにかく、頑張って走っています。

 走るって、腰から下だけじゃないんですってね。
 前に、誰がどう見ても、運動神経抜群に見える、スラッと引き締まった若手女性訓練士さんが、実は走るのが遅い!というのを、師匠に聞いて、ビックリ仰天したことがあるんです。
 なんで訓練士さんが、アジでもないのに、走らなきゃいけないの??って思ったんですけど、シェパの展覧会で、若い訓練士さん達って、走るんですよね。
 ハンドラーの前を展覧会系のシェパがハンドラーをグイグイ引っ張りながら(このとき、いかにも!って形にシェパがなります。)歩くのだけど、その前で、『○○〜!!』と、その子の名前を叫んだり、豆腐屋さんのラッパみたいなのを吹いたりしながら、猛然と、『勢子』みたいに、若い訓練士さん達が激走するんです。

 アジは、基本、ヒトの周りを犬が回りますけど、この場合、ワンのはるか外周を、芸能人運動会みたいなノリで走るわけですから、かなりのスピードで走ってもらわないと、シェパ達は、追いかけられないわけです。間違ってもシェパ達が後ろを振り返ったりしたら、商売になりません。。

 ところが、『アイツ、、、おっそいんです。。』ということだったそうで、先輩皆さんで、美形若手訓練士さんの走りを速くさせよう!と、アドバイスをしたんだそうです。
 
 『で、、、どうしたら、速く走れるようになるんですか??』
 必死で聞いちゃいましたよ。

 『ロビンぱぱさん、手を振るんです!!腰から下だけで走るんじゃないんです。一生懸命手も振るんです!!アジでもそうなんですよ。』
 
画像

 『うわ・・・ヤブヘビ。。

 スーパーアスリートなお友達で、かなり速いボーダーコリーを追い越したヒトがいるけれど、僕には無理!
 このところ、サンちゃんとアジ練をしていて感じるのは、ウネウネしたシーケンスは別にどうとは思わないのだけど、サンちゃんを押しながら走らないといけないところでのバッテリー切れみたいな走り。。
 
 村田選手!僕も走っちゃいますよ!
 楽しさいっぱい?のチームワークは、しっかりと腕を振って走ることから、生まれるはず!

 たぶん。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
走る!ということ。 Dogs of Bay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる