Dogs of Bay

アクセスカウンタ

zoom RSS アジ練♪(コース検分が1度。。)

<<   作成日時 : 2011/04/29 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 ゴールデン・ウィークに入りました!

 いつもならお仕事が終わり、ギリギリに滑り込んでいく教室ですが、今日はノンビリ♪
 連休初日ということもあって、横浜巨人戦を、実はイライラ(5対0で負けてた!!)しながら見続けていたら、ビックリ、逆転勝ちしてしまった!
 村田君、やっぱりアナタは凄いっ!内川なんぞと大違いですっ!
 
画像


 そんなわけで、結構、余裕の時間に皆で学校に着きました。

 たまたま、僕達の練習の前に1組、超難解コース練をされたペア(設営、死ぬほど大変そう。。)がいらしたので、タッチ障害を並べなおしていると、大変だし、このところ、AGは少し手が届いてきた感じがするけれど、走り続けるJPが手に負えない感があるので、シブシブタッチ障害を直しにかかる師匠を引きとめ、JP練をお願いしました。こういう機会は滅多にないので、ヤッタ〜♪って感じですが、次のレッスンの生徒さんは大変だったでしょう。直しておかないで、ごめんなさい。

 障害の間隔をうんと広く開けたJPコースを走りました。
 今夜、重点的に練習しなおしたのが、このシーケンス。
 
画像


 自分で走る第1走では、Dバーのトンネル側から回して、前回のトラップ対策で教わった『平行移動してトラップを抜けたら払う』の術で、クリアできてしまったのだけど、今夜は、手前から回すハンドリングをマスターすべし!ということで、大苦戦するハメになったわけです。

 そもそも、攻略法を変えるように指示を受けたとき、漠然と、僕の頭には、サンディーの走行ラインが赤線みたいに思えたのだけど、大苦戦のあと、気がついたら、最近結構スピードの落ちてきたサンディーといえども、結構に飛び出してきていて、青線の状態になっていたのでした。
 赤線用の対応をすれば、当然圧迫しますから、気持ちよくDバーが飛べないんですね。。
 それと、回しこむのに必要もないのにDバーをオーバーランする僕の性格。。

 いつもは、2回コースを回って、終了なんですけど、今夜はこのシーケンスだけ、じっくりと取り組みました。結構ドツボにハマったので、師匠、ずっと、ダメ出しでした。。
 でも、JPって、数回練習を続けると、とっても犬が見えてくる気がします。
 速すぎる指示の失敗したの、生まれて初めてかもしれない。

 最後に成功してトンネルから出てきたサンちゃんが、偉大に見えましたよ。

 サンちゃんがずっと上のクラスで頑張っていたおかげで、万年1度ハンドラーの僕が、2度に挑戦させてもらえるわけですけど、少しでも迷惑をかけないためには、師匠ほどは走れないなりに、気持ちよくサンちゃんを走らせる努力が必要です。

 サンディーのラインをしっかり見極める検分、自分の走力に見合う、でも妥協しない位置取りを見極める検分ができないと、いかな、サンちゃんでも救えないのです。

 少しでも良い位置に入ること。そこまでは、全力でダッシュすること。そして、流れずシッカリと減速して柔らかく踏みとどまること。決して背を向けないこと。
 痩せるのみならず、スクワットでもして、足腰膝を鍛えないとダメかも。
 目指せ、鉄筋じじぃ。。
 う〜〜ん。。アジ。。難しくって面白いです。。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アジ練♪(コース検分が1度。。) Dogs of Bay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる