Dogs of Bay

アクセスカウンタ

zoom RSS FCI東日本インター アジリティー競技会@野田市スポーツ公園(ロビンぱぱ、練習に走る。。)

<<   作成日時 : 2011/06/26 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 さて、順番ですので、書きます。

 ラッ君達の1度が終わり、AGリング、JPリングは、2度の順番になりました。
 ラージはJPからです。

 シェップ&ソフィー家のお陰で、お腹の具合も、収まった僕としては、ラッ君も頑張ってくれたわけですし、北海道以来、練習は好調を維持していましたから、ここは一発♪と、思っていました。
 でも、実は、こんな経験は初めてなのですが、検分時間で、作戦が固まらなかったのです。リア、リア、払って・・・みたいなのにしようか?ずっと、左付けでもいけるし、リードアウトしてもいけるね。みたいな。
 普通、なんらかの理由を考えて、これで行こう!と決めるのですけど、ギリギリまで迷い、結局、お腹に自信がないので、リードアウトして走る距離を減らそう・・・という、とっても消極的な選択に。。

 で、こうなりました。
 


 練習では、一度も無いのです。『待て』と言ったのに、待たなかったのです。
 本部の2走目で、これをやらかされ、大ショックでした。だから、練習して、北海道では、こんなことは無かったし、その後の練習でも無かったことなのに。
 繋がりが切れていますから、こんな場所で?というところで、拒絶してお仕舞です。でも、走らないほうが良かったかな?と、ずっと、凹んでいましたよ。

 次いで、AG2です。
 全然難しくないコースでしたが、そういう問題ではなく、とにかくちゃんとスタートしたかったのです。
 しかも、『待て』させて、リードアウトして、キッチリとです。
 今度は、『待て』のあと、目を離しませんでした。

 で、こうなりました。
 


 これも、本部の1走目で起きたのと同じことです。
 こちらは、Aフレームの下をくぐったので、即、失格です。
 
 AGの失敗は、僕に非があります。JPの失敗は、僕が目を離したのが悪いのですが、でも、『待て』と言ったら、ロビンと違って、サンディーは待ってくれる!って信じていたんですよ。
 師匠には、『信じちゃダメ!裏切るんですから!』って言われたんですけど、サンちゃんが、僕を裏切る・・・ってことが、どうにも、信じられなくって、とにかく、絶対、今日、今すぐに!!治したかったんですよ。

 本当にわがまま、身勝手だなぁ。。と思うのですが、お世話になった皆さんに、お礼もそこそこに、ラッ君の表彰式も見ずに、アジ会場から、横浜の学校に直行してしまいました。
 『今日、競技会行かれなかったのですか??』
 学校のスタッフの方に驚かれてしまいましたよ。だって、まだ4時くらいでしたから。。
 
 サンちゃんと、3段目にあがり、今日のJP2、AG2のスタートシーケンスを、ていねいに、反復練習してきました。

 原因が、わかった!と思います。
 
 良いスタートを切ること!北海道まで、練習あるのみ!です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FCI東日本インター アジリティー競技会@野田市スポーツ公園(ロビンぱぱ、練習に走る。。) Dogs of Bay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる