Dogs of Bay

アクセスカウンタ

zoom RSS ロビサン、道南を訪ねる♪(秘湯、銀婚湯温泉を訪ねてみたよ〜☆)

<<   作成日時 : 2011/07/20 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 今回の僕達、千歳から入り、函館から戻る、というコースで動いています。

 白鳥大橋を越え、道央自動車道で南下して行きます。室蘭でカレーラーメンを食べ損なったのが、ちょっぴり残念だけど、お腹、少しでも凹ませないとね。
 
画像

 
 途中、豊浦噴火湾PA(凄い名前ですね。)で休憩。ロビサンも楽しそうです。
 
画像


 野原のお散歩♪タンポポが良いですね。
 
画像


 道央道落部から今日の目的地、銀婚湯さんに向います。落部川沿いを走ると、見えてきましたよ。
 
画像


 正面から橋を渡って、入ります。
 
画像


 大正天皇の銀婚式の頃、源泉が掘り当てられたそうで、そこから、ご一族で、しっかりと育てて来られた名湯です。歴史を感じます。
 
画像

 
 こちらは、敷地9万坪!!とも言われる広大な森の中に存在しますが、長い間に手塩にかけられているので、すべての樹木がそれは素晴らしい枝ぶりです。そして、中に入ると実はとっても近代的な美しい温泉旅館の建物の中にある風呂も、素晴らしいのですけれど、建物を取り巻く森の中に点在する露天風呂が素晴らしいんです。

 露天風呂は貸切で、入湯するには、入湯札を借りなければ入れません。まず、『かつらの湯』に入ってみます。
 林の中の遊歩道をのんびりと歩いていきます。
 
画像


 


遊歩道の先に、桂(かつら)の並木道が待っています。
 
画像


 並木道を抜けると、ほら!あった!
 
画像


 入湯札は、こんな感じでカギになるんです。
 
画像


 岩をくりぬいた大きな露天風呂。これが『かつらの湯』です。素敵でしょ?
 
画像


 露天風呂のお湯は、源泉に最も近いお湯だそうです。
 正面玄関の近くには足湯のベンチがあるのですが、少し手ぬぐいにもらい湯をして、ロビ助のシッポを温めてみましたよ。
 

 この源泉、負傷した榎本武揚の兵士達が湯治に来て、大変な効能があったそうです。ロビンのシッポも、もとどおりフサフサになって欲しいです。

 ワンコも浸かれる湯治場?温泉?出来たら良いのに・・・って思いませんか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロビサン、道南を訪ねる♪(秘湯、銀婚湯温泉を訪ねてみたよ〜☆) Dogs of Bay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる