Dogs of Bay

アクセスカウンタ

zoom RSS サンディーの誕生日に♪

<<   作成日時 : 2011/08/01 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 サンディーが、9歳の誕生日を迎えました。

 年齢は9歳なのだけど、1年前までは、サンディーは、ずっと預託訓練という形で、週末や夏休み以外の大半の時間を学校過ごし、師匠に、オビにしてもアジにしても、鍛え抜かれていたわけです。
 なので、サンディーが腰を落ち着けて?甘ったれ小僧でい続けられている期間がどのくらいになったのか?考えてみると、学校に上がる前の2年間と、最近の1年間で、合わせて3年くらい?そして、夏休みとか、週末の帰宅も合せると、4年くらいかな??
 だから、9年間の犬生のうち、学校で5年、おウチで4年くらいの生活ぶりで、このところ、急速に、そして、めいっぱいに、おウチ最強の甘ったれ小僧の道を爆進しているわけです。

 それはそうですよね。
 1歳半?で学校に上がる前の状態、つまりロビン兄ちゃんだけがいて、自分がおチビのサンディーだった時間に戻ってきたつもりなのでしょうから。
 だから、ラッ君に対しても、マリちゃんに対しても、優しくはなかったのかもしれませんね。
 自分が主役じゃなくなっちゃうものね。
 
 僕の足元?にサンディーは定位置を持っています。

 ロビンは、胸元?と言っても良いくらい、僕の顔に近い位置を好みますが、だからと言って、体を僕に密着させるわけではありません。なにか要求があったりすれば、僕の顔を舐めてアピールし易いから、そうするのだと思っています。むしろ、自分がくつろぎたい時には、ロビンは冷たい場所を好みますから、僕から離れていきます。
 賢くクールで身勝手なものです。

 一方、サンディーは、真逆です。
 僕の足元にやってきて、クルン♪と回り、オシリを僕の足にくっつけ、顔は、そっぽを向いて、そのまま眠ってしまうんです。
 くっついているクセに、顔は背けて、ベタベタはしないよ・・・。みたいな感じでもあります。でも、くっつけられているオシリの暖かいこと。
 物言わぬ、近い距離感?なんですよ。

 最近、僕は、サンディーとのアジ練にドップリとのめり込んでいます。
 ハンドラーより、ワンのほうが、数段、経験値が高いわけですから、ちゃんと僕が走れて、前に前に、速い指示が出来れば、ものすごく綺麗に速く旋回してくれます。
 で、このときの距離感?サークル?が、半年前の、当初とドンドン変わってきた感じがするんです。
 広い一方だったのが、広いのも出来るけれど狭いのも出来る!に変わってきました。

 楽しいです。

 今のところは、サンディーも元気いっぱいですから、あと1年は走れるかな?
 サンディー、なかなか、思うように減量できないのだけど、きっと、頑張るよ!
 この1年、一緒に頑張ろうね!よろしくね!
 
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サンディーの誕生日に♪ Dogs of Bay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる