Dogs of Bay

アクセスカウンタ

zoom RSS バターケース

<<   作成日時 : 2011/09/08 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 このところ和食の朝御飯が多かったので、久々にパン食のブレックファスト♪が食べたくなって、美味しそうなパンを買ってきたんです。
 で、朝が来て、とっても好みの薄い狐色にトーストが焼けたので、バターを用意しよう・・・と冷蔵庫のバターケースを手に取ったら、凍りつきました。。

 僕が使っている容器は、いわゆるタッパみたいな素材の密封型のパック容器なんですけど、バターの入るスペースの横にバターナイフの入るスペースがあって、それをピシッっとふたが出来る様式になっているのですが、そのバターナイフの乗るスペースに薄緑色のゴマ粒のようなカビが。。

 え〜〜!!

 今まで、こんなことは1度も無かったのだけど、密封して冷蔵庫に保管しているのに、外で使った何時かの時点で、カビの胞子?が紛れ込んだらしいのです。。

 慌てて、残り少なかったバターを処分し、ざっと洗った後、とりあえず、キッチンハイターのお世話になることにしました。
 考えてみると、随分長いこと、このケースを使っています。
 手にとってひっくり返してみると、日本の大和郡山の会社で作られたれっきとしたメードインジャパンでした。
 結構、雑に取り扱ったけれど、このビニールみたいな素材のおかげで、割れることなく、今まで働いてこられたんですよね。

 でも、冷蔵庫で密封型の容器だから・・・と、油断したのもいけなかったし、こうしてながめてみると、素晴らしく実用本位なんだけど、なんだか、色気はないな。。って感じです。

 この際、少しコジャレたバターケースと入れ替えてみようかな?と思いました。
 で、通販で買ったのがこれ。
 
画像


 『片手でつかめます♪』というキャッチにグッっと来てしまったり、バターナイフがケースに入って欲しかったり、コジャレたものを志向したわりに、実用本位っぽいのだけど、でも、陶器! 

 まぁ、密封性?から言っても、落としても壊れない!から言っても、今のビニールみたいなのの、実用本位!には到底かなわなそうなのだけど、陶器の清潔感?みたいなのに、ちょっとすりよってみたくなったところはちょこっと心境変化?
 出来るだけ手入れしながら使ってみて、落として割れたとき後悔しないように、大和郡山クンも手入れしてとっておくことにしましょう。

 我が家のボーダー達、朝御飯のテーブル、好きなんですよ。
 まぁ、女の子もいることだし、実用本位一辺倒から、一歩、踏み出してみようかと。。

             

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
バターケース Dogs of Bay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる