Dogs of Bay

アクセスカウンタ

zoom RSS ロビンぱぱ、『名医難民シンドローム』を発症する。〜サンディーの不調。。

<<   作成日時 : 2012/09/02 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 漢方薬『八味地黄丸』と、夜のトイレで、オネショが激減してきたサンディーなのですが、やはり、日中安心して眠っていた後の尿漏れ?は続いていました。
 
 そして、8月の半ば過ぎでしょうか?日中、おウチのトイレでオシッコをして、とってもきれいなオシッコが終わる直前、プツプツッ…と血の塊のようなものが出たのです。
 ビックリしました。
 翌朝、朝一番のオシッコをビンで採尿して、ミコ先生のところに持って行きました。

 顕微鏡で覗き込んだミコ先生は、
 『膀胱炎』じゃないかな?という診断で、止血剤と抗生物質(バイトリル)を処方してくださいました。

 しかし、、
 膀胱炎だと、比較的簡単に1週間から10日で収まるはずの血尿が、2週間ほど経っても収まらないのです。

 頭の中に、前立腺??がよぎります。

 2010年に、不本意ながら、サンディーは去勢手術をしました。
 前立腺が特に左側で肥大し、前立腺のう胞から、前立腺膿瘍に悪化しつつありました。
 悪化していた部位は前立腺なのですが、ホルモン上のアクセルを止めるのが大前提!と説得され、前立腺手術ではなく、『去勢手術』を行い、その後の経過で、肥大していた前立腺の縮小を確認し、そのままとなっていたのです。

 ミコ先生を通して、再度、DVMs医療センターのW先生の予約をお願いしました。
 とっても混んでいて、10月の初旬まで予約が取れませんでした。

 前立腺が再度肥大化を始めたのではないだろうか?止血剤が効かないということは、膀胱炎なのではなく、前立腺に問題があるのではないか?といった疑惑がわき始めます。
 実際、サンディーは、僕がビックリするようなデッカイうんちをするはずなのですが、このところ、そういう立派なのを見ていません。むしろ、便秘をしているように、苦しそうに何度もしゃがみこみ、少しずつの排便を繰り返すような気がします。
 これも、前立腺が影響しているのじゃない?通り道が狭くなっているのじゃない??
 と思い始めたのです。

 実は、W先生は、こうした泌尿器科手術で大変高名な先生なのですが、実際に2年前に行った時は、そこまでは行かず、ミコ先生が去勢手術を行っただけでした。

 う〜〜ん。。
 なんというのか、面白くないな。。という気持ちが沸いてきます。そもそも、1人の超有名な先生と、町の普通の獣医さん、という構図に、疑問を感じます。
 うまく言えないけれど、中間がもっと増えて欲しい!みたいな。
 
画像


 ミコ先生は、とっても良い先生なのですよ。
 なにより、圧倒的に近いし、長いお付き合いです。
 でも、医術も日進月歩だし、道具も薬もそうでしょ?
 尿を顕微鏡で診て処分しちゃったけれど、分析したほうが良かったのじゃない?
 もともと前立腺にトラブルが有って、ミコ先生のところで、去勢手術をしたのだったら、あの時点で膀胱炎だけでなく、エコーをかけてもらったほうが良かったのじゃない?
 そういう、不信の芽みたいのが、出てきてしまいましたよ。

 誰しも、かけがいの無い愛犬の病を治したいと思うから、どうにも、ピリッとしない対応をされると、『名医難民』化シンドロームになるんですよね。
 飼い主として、出来ること!もう少し頑張ってみようと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
御無沙汰です。
サンディーちゃん、今日はお加減どうですか?心配です。
人もそうだけど教科書的典型的な症状を有すると疾患だと、診断がつくのは速いのですが、人も犬も典型的じゃない方が圧倒的に多いように思うのです。
そのとき、念のため検査を追加する人、様子を見る人、紹介状を書く人、経験やカンでも分かれるし、先生の専門分野かどうか、最新の情報を常に押さえてるかどうか、いろんなところで微妙だ、と思います。
出来る限り最善のことをしたい、というお気持ちすごくわかります。
良い方へ向かうことを祈ってます。
せれまま
2012/09/23 21:30
せれまま、こんばんは〜☆
すっかりご無沙汰してしまって、申し訳ありません。

サンディー、本当に元気いっぱいなのです。
実際、北海道ブロックまでは、アジ練も絶好調でしたから。
でも、時々にはなったのですがオネショの跡が目に付くことや、程度は軽いけれど血尿が完全に止まらないことや、数ヶ月前のような元気いっぱいの良いウンチが出ないこと、といった一連の不調を止めてやることが出来ません。。

国中の獣医さんを一同に集めて、『お願い!誰か治せるヒトは手をあげて!』と絶叫したい気分なんですが、そうもいきません。

シニア犬と暮らしていくためのバックアップ体制というのか、お医者様も含め、よくよく考えないと!と思っています。

お見舞い、感謝です。頑張りますね!
ロビンぱぱ
2012/09/23 22:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロビンぱぱ、『名医難民シンドローム』を発症する。〜サンディーの不調。。 Dogs of Bay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる