Dogs of Bay

アクセスカウンタ

zoom RSS 『暦どおり』な連休♪(ボーダーの裏庭から〜☆)

<<   作成日時 : 2013/05/04 11:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 3連休、3日働き、4連休、これが、我が家の『暦どおり』な今年のゴールデン・ウィークの過ごし方です。(土日、お仕事のヒト、ごめんなさい。。

 とにかく、今年の春(2月中旬から3月、4月上旬まで)が、おかげ様?と言うべきなのか、爆発的に忙しくって、それこそ、週末も無い(@番は、僕を遊ばせてくれたので、特に。。)くらいだったから、本当に、ボ〜〜〜っと出来ることのありがたさを感じます。
 
 せっかくのお休みなので、車で、温泉でも行こうか?という話に普通ならなるのかな?
 
 でも、ウチは出不精(デブ症ではない。。)なのと、この際に、@番が勉強したいことがある!というので、それぞれに、意外に充実した、おウチの休日を過ごせたのです。
 僕も、随分、おウチ周辺の2駅くらい先までの円の中を、テクテクテク…と散歩しまくりました。
 クルマだと通り過ぎる横丁とかに、ズイズイと入り込み、小さなお店を冷やかし、歩き回ると、ビックリするぐらい、新発見があり、楽しいです。

 そもそも、この『ゴールデン・ウィークは、普段と変わらない暦どおりです。』という、非常にツマラナイ?発言は、師匠から教わったフレーズなのです。
 訓練所には、たくさんのご家庭の犬達が生活(預託訓練と言います。)しているので、若いスタッフのヒトも含め、訓練所の全スタッフがローテーションを組んで、その面倒をみて下さっています。
 
 本当に大切にしてくださっていて、ラッ君とマリちゃんのフィラレア薬とフロントラインなんか、プラスティックの包装紙の1つずつに、4、5,6、7、と、マジックで投与する月が記入され、絶対に忘れないように、チェックされています。
 これは、僕が書いて渡しているのではなく、若い訓練士さん達のなかで、リーダーシップをそういう風に几帳面に発揮している娘がいるからなのだと思います。
 安全なうえにも、より確実に!そういう几帳面って、師匠も別の面では素晴らしいヒトですけれど、まったく違う才能なんじゃないでしょうかね。

 話が戻りますが、ラッ君とマリちゃんも、暦どおりに連休を過ごしている!ということなので、これが、僕が当たり前に暦どおりが都合の良い最大の理由なのかもしれません。
 もうすぐ、訓練ジーガーで、1週間休みにラッ君、マリちゃんは帰宅します。
 このときこそ、大型連休型の休みを取れるチャンスなのかもしれません。

 温泉、、、いきた〜い!!

 この時期、ボーダーの裏庭は、日々どころではなく、刻々と?バラ達が開花して行きます。
 生き物だなぁ。。と本当に思います。水遣りの前と後でも、朝日とお昼の太陽でも表情が変わるのです。
 
 おフランスの料理人さん、ポール・ボギュース、年々鉢のサイズが大きくなってきました。
 
画像


 オランダの話題が賑やかでしたが、今年のプリンセス・マサコは、たくさんの花をつけてくれました。
 
画像


 学校の2段目と3段目の間に、中3階?みたいなスペースがあり、大きなケージがあって、シェパ君が遊んでいるのですけど、その1画に、亡くなった犬達のお墓があります。
 そのお墓を飾るように、立派な株に育った、ヘリテージとジュード・ジ・オブスキュアが並んでいるのですけど、このイングリッシュ・ローズのボサボサと無遠慮にのたくる姿は、HTとかFLが好きになると、結構許せなくなるわけで、校長先生は、本当に適材適所な良い場所に片付けられたと思うのです。

 このプリンセス・マサコくらいに、下を向かないで樹形もまとまっていてくれると、嬉しいのですけどね。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『暦どおり』な連休♪(ボーダーの裏庭から〜☆) Dogs of Bay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる