Dogs of Bay

アクセスカウンタ

zoom RSS ラッ君と行く沖縄の旅♪(本島中部を訪ねてA〜☆)

<<   作成日時 : 2013/12/21 14:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 中村家住宅を出た僕達は、まず、明日のアジリティー会場沖縄市農民研修センターを下見に行きました。
 そこは、ロビンが生まれて初めて、訓練競技のポイント・カード5点をいただいた、あの場所でした。
 
 場所をカーナビに入力し、旅の仕上げに向かいます。

 次に向かうのは、勝連城跡。
 海を臨む、非常に美しいグスク(城址)です。

 前回ロビンと来てから9年を経て、素晴らしい駐車場と休憩所が整備されていました。
 勝連城跡は、入場無料なのに、観光資源として、しっかりと手を加えています。
 
 また、マリアンと来たいです。大切に見ようと思います。

 駐車場から城址の威容が見えます。
 
画像


 勝連城跡は、若き城主アマワリの波乱の生涯が、あまりに印象的で、そのヘンがとっても僕の好みなんですけど、グスクの周囲の海、半島に伸びたであろう領地を臨む、名城だったと思います。
 
画像


 ラッ君とお話ししながら、息をきらし、登っていきます。
 
画像


 三の郭、二の郭、最上部の一の郭と登って行くと素晴らしいパノラマが広がります。
 大好きなんですよ。この場所の風♪
 


 ラッ君は、当たり前だけれど、ロビ助ともサンちゃんとも違って、本当にヘタレだと思うけれど、こうして、一緒に歩いているうちに、少しずつなんだけど、自信みたいなものがついてくるような気がします。
 あくまでも、希望的観測なのかもしれないけれど、これからも一緒に歩き続けるわけだし、そういう経験の一つ一つで、ラッ君が楽しく、たくましく、成長してくれたら嬉しいです。
 
画像


 さて、実は、9年前ロビン父さんが来たのはここまででした。
 今回、ラッ君は、この勝連城跡を除き、ロビンがまだ行ったことの無かった場所ばかりを、実は歩いて来ていたのです。
 明日は冬至です。
 今日は、一年で最も昼の短い日と言っても良いのです。
 僕とラッ君は、太陽が落ちる前に、今夜のお宿に向かわなければなりません。
 アマワリの時代には無かった海中道路を抜けて、伊計島に向かいましょう。 
 
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラッ君と行く沖縄の旅♪(本島中部を訪ねてA〜☆)  Dogs of Bay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる