Dogs of Bay

アクセスカウンタ

zoom RSS 日曜アジ教室♪(練習から、もっと、ファンキー♪に〜☆)

<<   作成日時 : 2014/01/26 11:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 広島の翌日、日曜アジ教室に来てみると、師匠は、シッカリとレッスンをしておられました。

 昨日、僕達が当初乗るはずだった飛行機が、欠航になり、大幅に到着が遅れたので、本当に準備が大変だったと思います。申し訳ないです。。

 アジの競技会でもそうですが、たくさんのスタッフさんがいても、必ず、設計者が、障害を歩測しながら微調整されます。
 審査員は、ゆっくり座っていて、スタッフ任せにすれば良いのに♪とお気楽に思いますが、これ、絶対、自分で歩かないとダメなのだそうです。
 単に障害がアバウトに置かれたのでは、走れないくらいだそうで、ここで、ひっかけようとか、ここは走ってもらおうとか、設計者の意図を正確に反映してもらうには、やはり、どんなに遅くても、ご自分で調整するしかないのだと、師匠に教わったことがあります。

 お教室に来られるたくさんの生徒さん達は、犬種もキャラクターも当然違うわけで、みなさんが楽しく、安全に、しかも指導するテーマも、もりこんであるコース。
 素晴らしいと思います。
 できたら、そのまま残してもらって、1週間に3回くらい、自主練で走ってみたいです。

 昨日、お友達に、
 『僕の子は、練習チャンピオンなんだよねぇ。。』
 と不思議な悩みをうかがいました。
 競技会では、1段ギアがあがるので、競技会ならではの失敗が起きるけれど、練習では、とても丁寧にクリーンランしてしまうので、練習の順番がアッという間に終わってしまって、『競技会ならではの失敗』をどうしても修正できないんだよね。。というのが、悩みなんだとか。

 う〜〜ん。。それは、深い。。
 一番良いのは、練習だけ楽しんで、競技会には出ない?のが正解なんじゃないか?と思うくらいだけれど、それでは、例えば僕だったら、知らない街にワンコと食べ歩き?に出かけるモチベーションにならないし。。(違う?

 でも、練習のときには、真面目に丁寧にクリーンしちゃう彼の子って、やっぱり、凄い利口な子なんだと思うし、おそらく競技会のときに真面目に静かにしろなんて、彼自身がコレッポッチも思わないのが、伝わっていて、それはそれで、なんてファンキーな相棒なんだろうって思うと、やっぱりうらやましいです。

 だって、ラッ君は、いつも真面目なんだもの。。

 そんなことも考えながら、この日は、生真面目ラッ君と、少しファンキーな走りに挑戦してみましたよ。
 


 おウチでのラッ君は、@番兄ちゃんにオモチャにされやすいです。

 最近のラッ君の得意技
 『なんてこったい・・・』です。
 
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日曜アジ教室♪(練習から、もっと、ファンキー♪に〜☆) Dogs of Bay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる