Dogs of Bay

アクセスカウンタ

zoom RSS 電気ケトルを買ってみた。

<<   作成日時 : 2014/01/28 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 ウチでは、今までずっと、象印の3ℓの電気ポットを使っていました。 
 電気ポットが、活躍するのは、朝晩のドッグフードの時です。
 お湯を入れてふやかしているのです。

 ロビンが過去2回、胃拡張を起こして、胃捻転すれすれで、胃の内容物を出して助かったのですが、1回目はガス、2回目は、このお湯でふやかしたフードが内容物でした。
 担当の先生が、食事の時間を聞き、どうしてそんな短時間でこんなに消化が進んでいるんだろう?と不思議がりながら、チューブで溶けかけた餌を胃から吸出し、ロビンの胃は、無事、ペッチャンコに戻ったのですが、この怖い最初の胃拡張の経験から、我が家の子達は、すべて、ふやかしたご飯を食べているのです。

 で、お湯がどのくらい残っているか?を意識するのが、このタイミングだということなわけですが、ポットのお湯が無駄に保温されている気がしていたし、最近、古くなってきたせいか、お湯の汚れ?みたいなものも気になっていたのです。

 ティファールの電気ケトルが流行してから、電気屋さんの販売の主力も、どうやら、電気ポットから電気ケトルに移っているらしく、品数も随分多いのに驚きました。
 売れ筋は、3分くらいで湧いてしまう0.6ℓタイプが最も人気があるようで、価格も、不思議なんだけれど、1ℓタイプより、0.8ℓ、0.6ℓと、容量が小さくなる方が値段があがる気がしました。

 実際、3分と5分は、偉い違いなんだろうけれど、カップ3杯って、少なくないか?とか、今まで3ℓを使っていた僕は思ってしまったわけで、おそらく正しい電気ケトルの容量の価値観は、0.6ℓの小回りなのかもしれない。
 でも、ロビン、ラック、マリアンの3頭のフードと、僕のコーヒーなら、1ℓで正解ということなんだと思います。

 使った感じですけど、素晴らしいです。
 電気ポット、いらなくなりそうです。
 
画像
 
 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
電気ケトルを買ってみた。 Dogs of Bay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる