Dogs of Bay

アクセスカウンタ

zoom RSS 神奈川南S犬クラブ アジリティー競技会♪@四宮(残念〜☆)

<<   作成日時 : 2014/10/12 11:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 霧ヶ峰に出発する前日の夜、僕は師匠にラッ君のアジ練を見ていただきました。

 このところ、少しでもタイムを縮められるように…が練習のテーマなのですが、実際には、これは『両刃の剣』みたいなところがあります。

 ラッ君は、ものすごく良い子で、僕を待ってくれます。

 例えば、このシーケンスは、エアプレーンをかけたほうが良いな!と思い、綺麗にエアプレーンが決まった気でいると、師匠が、遅い!遅い!と怒ります。。
 僕がエアプレーンを始めたので、ラッ君が、遅い飛行機が横切りきるまで、待っていることを指摘されるわけです。。

 で、そういうのはいけませんから、ドンドン行かせる!を練習し始めたわけですが、ラッ君を行かせるということは、もう待ってくれない…ということでもあるわけで、次々と指示のスピードを上げる、または、キレのある表現を早め早めに出す!ことをしないと、『遅い僕とあわせてくれる犬』のチームは、破綻してしまうのでした。

 で、今回の四之宮の僕とラッ君は、それがハッキリ出てしまった競技会だと思います。残念無念のW失格でした。。
 
 JP3
 


 そしてAG3も。。
 


 JP3もAG3も、一見『走れ走れ!』に見えるけれど、ここ!というスポットは1か所ずつみたいに思えて、意外にソコには飛び込めてしまったのですが、それはラッ君を大喜びで加速させることになるわけで、飛び込んだのを@とすると、次のA、Bと滑らかに、足を運び、ディレクションを言い切り、Cのポジション前でニッコリクリック♪みたいなことは、到底出来ず、@だけで終了してしまい、JP3もAG3も、そこまでどうして予想する??みたいなキリモミ旋回?をラッ君にされてしまっています。

 実際、失格前にラッ君がやってくれたことは、やりたくてもできないような事ばかりなのだけど、指示待ちのコンマ数秒を、気持ち良く動き続ければ、遅いはずのラッ君は、少なくても僕にとっては、制御不能に速いのでした。

 なにか大きな階段が一つ目の前に出てきたようです。
 ラッ君にもっともっとニコニコさせるには、よほど考え、一緒に走ってラッ君に負担をかける前に、僕だけで考え、できることを全部しないと、いけなそうです。
 
 頑張ります!

 
画像


 画像は、9月の北海道でTさんに撮影していただいた宝物です。

 

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
神奈川南S犬クラブ アジリティー競技会♪@四宮(残念〜☆) Dogs of Bay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる