Dogs of Bay

アクセスカウンタ

zoom RSS ブラック マンデーの思い出

<<   作成日時 : 2015/08/24 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 遥か昔、昭和の終わり頃、ブラック・マンデーと言われる株式の暴落が日本にも波及したことがあります。

 実際には、その前の週から、兆候は出ていて、金曜日の夜ニューヨークダウのマーケットは、それはそれは、今まで見たことの無いような、急降下を起し、500ドルを上回る暴落が起きました。実に20%超の暴落だったのです。

 当時、僕は、そういうお仕事についていましたから、上司と夜明けまでモニターに張り付いていました。
 『月曜日から、日本はどうなるんでしょう?』
 『壊れるね。。』
 『

 一夜明けた土曜日、上司と僕は、同じチームの仲間の結婚式に呼ばれていて、時間前に身なりを整える必要がありました。
 ひと眠りして、銀座の街に出たのですが、まさにバブルに向かう土曜日の銀座、とても、楽しそうに、若いカップルがたくさん歩いていて、銀座は本当に賑わっていました。

 さっきまで僕達が見ていたアレは何だったんだ??本当にそう思いました。

 もちろん、週が明け、あの月曜日(ブラック マンデー)が来ました。
 
画像

 日経平均は、3,800円落ちたのです。。
 今日の900円なんて、全然、どぅってこと無いでしょ?

 そして、火曜日には2,000円も日経平均は戻し、半年後にこのダメージを回復すると、平成元年には、日経平均は史上最高値38,900円をマークしたのです。

 このリバウンドと言うよりも、暴騰?は、バブルのおかげです。
 今のアベノミクスも金融緩和だけど、当時の日本とは、まったく構造が違います。
 
 残念ながら、当時の日本には元気な若者が溢れていましたし、雇用も安定していました。
 ジジババだらけでは、バブルも、大暴落も起きにくいのでは?と思います。
 年老いた脈は、フラットですから。。

 ただ、お隣の中国は全く違います。まさに昔の日本のようです。
 最近、どこのアジリティー競技会に出かけても、ビジネス・ホテルは中国人団体観光客と取り合いになります。
 もしも、バラ色のストーリーで、中国が中間層の育成を本気で行うなら、回りまわって、日本にも、富は帰ってくることになるかもです。
 
 たまには、想像力を働かせて、株でも買ってみるかな。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
久しぶりですスト-ム+タンクです犬と関係無いんですが、質問いいですか、
因みに中国のシヤド-バンキング破たんて、本当に有るんですかね?
有れば、その時点で投資しようかと思います、でも軒並み金融機関も倒産かも。
スト-ム+タンク
2015/08/29 11:02
ストーム+タンクさん、こんばんは〜☆
犬と関係ある問題でも、僕がお答えできる質問は、そう多くはありません。
が、中国のシャドーバンキングの破綻とかは、まったくわかりませぬ。
ただ、身近な中国人の若い友人達を見ていると、本文にも書きましたが、凄いスピードで中間層が形成されてきているように感じます。
とにかく影響の巨大な国なので、キチンと成長してほしいですよね。
ロビンぱぱ
2015/08/30 19:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブラック マンデーの思い出 Dogs of Bay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる