Dogs of Bay

アクセスカウンタ

zoom RSS 四国ブロック アジリティー競技会♪@名田橋下グランド

<<   作成日時 : 2016/05/07 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 何年も病院をサボったつけなのか、不具合?がいろいろ見つかり、暇さえあれば病院通いしているみたいなのだけど、心を入れ替えて、嫌いな病院にも来るのは、やっぱり、自分のコンディションを良くして、犬達と良い時間を過ごしたいからだと思う。

 口の悪いおばさんが世の中にはいて、師匠と僕がアチコチ出かけていると、
 『先生も、爺さんの介護で大変ですよね!』
 とかぬかすのがいたりするが、実は、これは間違いではないのかもしれない。

 こういうことを言うと怒られるだろうけれど、例えば早朝4時前に起きて、2時間かけて会場に行くよりは、はるかに遠いところだろうが、飛行機で飛んでいき、会場から10分もかからない宿に泊まってしまえば、本当に体は楽だと思う。
 
 5月の連休明け、いつもなら、JSVの訓練ジーガーの競技会に師匠が出られるのと重なり、出られないのに、今回は、ジーガーがずれたから、師匠が出られることになり、四国ブロック アジリティー競技会に参加することになった。

 考えてみると、去年のこの大会には、おてさんと来る予定が、おてさんが急に体調を崩し、一人で来たのでした。
 逆に、今回は、おてさんご夫婦が一緒!楽しみにしていました。

 前夜祭は、徳島駅前の有名な居酒屋さんを、おてさんが予約してくれて、前に一言二言言葉はかわしたことがある女性ハンドラーさんがお1人合流されて、それは楽しい夜になったのです。少し飲めると良いのに…とこういう時は、呑み助?さんがうらやましいです。

 お天気も心配されたのだけど、幸い、良いお天気になりました。
 
画像


 それなりに頑張りましたが、やはり練習不足は隠しようもなく、頑張るラッ君をW失格させてしまいました。
 一方、師匠とマリちゃんは、大会の回を追うごとに、良くなってきている気がします。

 師匠とマリちゃんのJP3です。
 


 とても丁寧な、優しいハンドリングだと思いました。スラが途中で抜けたのは残念ですが、FGの270の後、HIの間でフロントに入る一手間(これをサボって僕はIの裏に入れてしまった。。)、スラの後、Kの後Lにケチカに入り、トラップのスラを消してしまう優しさ(失格後にここで僕はラッ君がスラに吸い込まれたのみて、自分の検分不足を思い知った。。)Rトンネルの出口をしっかり待ってあげる基本。。

 ついこの前まで、『待てさせてください!』とか文句をつけていたヒトとは思えません。(でも、待てするようになってから、凄く良くなったように感じるのは僕の思い込み?)

 続いて、マリちゃんのAG3です。
 


 今回のAGでは、ドッグウォークにタッチ・センサーがついていて、ジャッジがその信号でタッチを判断します。で、マリちゃんは、登りタッチをセンサーに取られたようです。ぜんぜん踏んでいる気がします。

 やっぱりジャッジの判断にして、ビデオチャレンジ?とかのほうが良いのじゃないでしょうか?

 それはさておき、ここでも、師匠のハンドリングは、とっても優しいです。
 HI間とIJ間のリズミカルな2連続のプッシュスルー、Lからトラップトンネルを避けタイトにドッグウォークに乗せるラインの見事さ。同じくトラップトンネルを消してAフレームに乗せるライン。ここでフロントした人は結構にトンネルに吸いこまれた(僕も…)。
 
 欲を言えば、Aフレームからの180度と、スラ入れを慎重にしたところでタイムをロスっている気がするので、まだまだ、タイムを縮める余地はありそう。

 とにかく、2走ともに帰ってきたのは、正直収穫だし、大きな1歩に見えます。
 
 5歳!頑張れ!マリちゃん

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
四国ブロック アジリティー競技会♪@名田橋下グランド Dogs of Bay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる