Dogs of Bay

アクセスカウンタ

zoom RSS FCIインターナショナル・トライアル(訓練競技会〜中編)

<<   作成日時 : 2006/11/27 23:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 今日は、今回のロビンとの『2回目のCD3』を振り返って、比較的冷静・真面目かつ硬めな競技レポを書いてみようと思います。動画の時間が長いですから、時間が有る時に、このレポートは見てくださいね。。。CD3は、長いのです。。

 リンクに到着し、時間前のウォーミング・アップは、とてもうまく言ったと思います。元気付けに、草むらで「招呼」の練習をして、思いっきり遊びましたが、ヤル気マンマン♪の状態で出られたと思います。

 申告に向かうロビンです。良い感じでしょ?              →これです。
 この時の集中度で、大体その日の競技の半分は、決まってしまう気がします。期待していました。

 紐付脚側行進を開始します。
 「???」
 変です。やる気はマンマンで、良い顔をしていますが、ふと遅れました。何だろう?あれ?ロビンの肩が、カックン・カックンと波を打つような。。久しぶりに長い散歩しすぎて、痛めちゃったかな?うわぁ。。心配。。
 紐無脚側行進では、かなり気をつけて、ロビンの動きを見たつもりです。しかし、紐付の時よりは、普段の感じに近いです。大丈夫なのかな? 

 招呼です。もし、肩を痛めているなら、ここで、はっきり見ることができるはずです。注目します。でも、いつもほどではないけど、ダッシュに異常はないです。   →これです。

 ただ、アジで、足を痛めても、ロビンは気にせず飛び続け、後で、びっこをひいてしまったりすることがあります。戻りはどうかな?う〜ん。。異常はないみたいだけど。。

 その場の作業は、伏臥・立止とも、まずまずです。

 常歩の作業に移り、伏臥で、振り返った瞬間、異常を感知しました。伏臥の姿勢のロビンが、左前足の手のひら(パット)を見て、しきりに気にしているのです。
 そして、作業を終えて戻る途中、明らかに、ピョコタン・ピョコタンとびっこをひいたのです。泣きそうになりました。。。                          →これです。

 ジャッジの杉山先生が、中断し、確認することを認めてくださったので、ロビンの左前足をその場で確認します。
 あっ!!!!ガム??石??肉球の間に、小指の先くらいの異物が挟まり、毛に絡み付いていたのです。例によって、「ヤメロヨ〜!噛むぞ〜!!」と嫌がるロビンに、「そんなバヤイじゃないだろっ!手を出せっ!」と、叱り、むしりとりました!      →これです。

 驚き!!!【ひっつき虫】です。しかも、でかいっ!これは、痛いよねぇ、、良く我慢したな。。ロビ助。。悪かったね、、招呼の練習した時に、踏んでいたのだね。。良く、教えてくれたよ。
 
画像


 ジャッジが次の科目を確認してくださり、常歩の停座、常歩の立止と進み、ホッとしたのもあって、気持ち良くCD3の科目の列をこなしていきます。
 
 そして、長いこと長いこと練習してきて、今では、ロビンの大好きな科目になった物品持来に進みます。思いっきりよく、10メーターラインを狙って投げます。
 が、、、、うひゃ、20メーターまで投げちゃった。。
 ジャッジを確認しますが、「どうぞ!」でしたので、「もってこい〜♪」を高らかに宣言します。ロビン、すっ飛んでいきました!                      →これです。

 気分良く、遠隔(停座から伏臥)に移ります。「伏せ〜!!]を命じ、ロビンのほうに向かうと、 「げっ!!」
 今度は、右手のひらのパッドを見せて、文句言っています。
 「おぃおぃ、、うそだろ?そっちにも、有ったのか??」
 ジャッジにお願いして、点検します。居ました。。。。左に喰いついていた奴ほどでは無かったですが、さっきの奴の嫁さんでしょうか?一回り小さい【ひっつき虫】が、やはり肉球のど真ん中に潜って、「コノヤロ!クソイヌ!ナメテンジャナイワヨッ!」と言わんばかりに、突っついていたのでした。。
 やっと、憎たらしい怪獣から、両手を自由にされたロビン、喜ぶことっ!  →これです。

 これで、安心です。
 障害板に向かうロビンの足取り、顔の位置、本来の『ルンルン♪ロビ助』に戻ってくれました。                                           →これです。

 往復障害も、楽しそうにこなし、静止動作の作業に入ります。
 
 据座です。この時、ロビンが珍しく僕から眼をそらし、左側のアジ・コート方向を見ます。
 げげげ・・。あの、へたくそアジラーが、ワンを連れてハードルを組んでいるのです。せこい奴だなぁ、、。検分してから、トラップの予行演習なんか、会場でするなよ〜。。。練習は、会場に来る前にしてくりゃ良いのに。。ブツブツ。。

 でも、なんとか、据座は、しのげました。。休止、、大丈夫かな??

 続きは、明日です。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ロビンよく頑張りましたね〜!!
普通あんな大きな「オナモミ」が付いていたら、普通は命令なんて忠実に聞けそうにないですよね〜?私も気になっちゃいます(笑)
でもあの状態でも、きちんと作業を続ける事のできたロビン&パパさんの絆に「ブラヴォ〜〜〜!!」です!!
しかし、検分後のシーケンスの練習は、ちょっと迷惑&ずるい(笑)ですよね〜?練習するなとは言わないけど、犬のウォーミングアップ程度にとどめておく方が紳士&淑女的でスポーツマンシップにのっとっていると私は思います。まぁちょっとでも練習してクリーンランしたい気持ちは解らなくはないですがぁ〜でも時と場所を考えないと、競技には沢山の人・犬がいるわけですから、お互いに迷惑かけないように注意しないといけないですね??「人の振りみて、我が振り直せ」ですね?自分が迷惑にならないように注意しよ〜〜〜っと♪

追記「ひっつき虫」の本名はたしか・・・「オナモミ」君だったとぉ〜
間違ってるかもだから、図鑑で確認してください〜!!
れおん
2006/11/29 20:42
れおん先生、おはようございます〜☆
アジ練で、パットを擦り剥かないように、ロビンの足の裏の毛は、カットしていないのですが、そこに、学名【オナモミ?】の奴等は、潜りこんでいたのでした。しかし、まさか両足ともくっついていたとは。。。
本当に、ロビンは、ケナゲに頑張ってくれていたわけで、後でちょっと、ウルウル来ちゃいましたし、ある意味、忘れられない大切な思い出になりました!(親バカですけど〜♪笑
中断を認めてくださったジャッジの杉山和平先生に感謝しないと!です。

今回、会場が入り組み、アジコートにもっとも近い空き地が、4部・5部リンクの隣でした。ジャッジも注意するべきだと思いました。
でも、同じヘッポコ・アジラー(上手な人はあまりやってないですよね?笑)として、ギリギリまで努力したい気持ちもわかるので、複雑でした。。おっしゃるように、『ヒトのフリ見て』の気持ちが大切ですね。僕達も気をつけます♪
ロビンぱぱ
2006/11/30 10:59
当日は途中からの見学となり、残念ながら拝見できなかった種目が多かったので、こうやって動画で見せていただくことができ喜んでおります!!ヽ(^∀^ )ノ ロビン君【オオオナモミ】が両足に潜んでいたなんてビックリです!! それだけのハンデがあってもあの活躍!!あの演技!!立派です!! ゴールデン☆コンビの素晴らしい演技に感動中のゴロフサです〜〜〜ヽ(´▽`)/♡
ゴロゴロ
2006/11/30 21:17
ゴロゴロさん、こんばんは〜☆
ビデオ見てくださいましたか?笑 本来、淡々と続くはずのCD3ですが、僕らのは、『笑あり涙あり』で、妙な見せ場が多いです。。汗
でも、なにかの参考になっていれば嬉しいです。

ゴールデン・・・。えっと、ボケとツッコミ系のコンビだと思います〜。。
ロビンぱぱ
2006/11/30 23:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
FCIインターナショナル・トライアル(訓練競技会〜中編) Dogs of Bay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる