Dogs of Bay

アクセスカウンタ

zoom RSS おチビのサンディー♪(『宝物』発見される!!)

<<   作成日時 : 2009/10/18 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 皆さん、衣替えは終わりましたか?
 横浜も寒いです。

 『ボーダーの裏庭』には、鉢植えのお世話のタイミングを見るために、最高最低温度計が設置してありますが、前日の最高が25℃、最低が14℃を記録。ついに、最低気温が15℃を下回りました!
 今日で、サンちゃんの『霧が峰帰宅』がお仕舞いです。
 今回は長かったなぁ。10月4日の日曜アジ教室の後に、2泊のつもりで帰ってきたのに、雨続きで学校に戻れず、そのまま師匠達は山ゴモリから霧が峰に突入したので、丸々2週間、おウチで過ごしちゃったわけです。

 でね。
 サンちゃんがいると、暖かいのです。
 サンちゃんは、必ず僕のベッドで寝ているんですよ。ロビ助も来ることがありますが、適度にヒンヤリした場所が好きらしく、朝になるといないんですよ。でも、サンちゃんは、朝までずっといてくれる。カーテン越しにさす朝の光が丸い背中に当たると、我が子ながら、なんという美犬なんだろうと思っちゃいます。(スミマセン、オヤバカデ・・・)。

 さて。
 これから、寒い冬がやってきます。
 サンちゃんも、しばらくは一緒にいてくれないわけだし、寒い夜がやってきます。
 今回の衣替えは、これ以上は太らないから、これは出す!残念だけど、ここまでは痩せないかも?だから、これはしまっておく!みたいな、作業を伴うので、スペースが足りない衣替えになっちゃいそうです。(『にわかおデブ』は、本当に、困るんですよ。
 で、いつもは、あまり、使わないクロゼットの一隅を、思い切って片付け始めたわけ。

 そしたら、大切そうにしまってある小箱を見つけてしまった。
 「あ・・・有った!!

 もう、随分前に、サンちゃんのアルバムをつくろう!と思って、当時まだフィルムカメラで撮影した写真を、取り分けて保管し、素敵なアルバムを買ったのだけど、そこから、僕のおウチは大変な時期に突入してしまって、その素敵なアルバムは後日使い始めたものの、師匠と活躍し始めたサンディーの画像から始まってしまったのです。
 
 「こんな場所に、とっておいたんだねぇ。。」
 衣替えをすっかり忘れて、興奮している僕の横で、サンちゃんが、「どしたの?早く遊びに行きましょうよっ!」って、催促します。
 いったん仕舞い、夜になってから、スキャナーに取り込みました。

 ちょっと、シリーズ物でご披露しますね!

 日本がFIFAワールドカップの興奮からまだ冷め切らない2002年の8月、3頭のレッドのボーダーコリーの男の子が学校で生まれました。
 「ロビンぱぱさん、1頭、引き受けない?」
 という校長先生のお誘いで、僕は嫁さんと見に行きました。

 3頭ともにレッドだったし、どの子も可愛かった(特に弟のエビチリ君は、すごい綺麗だったのです。)のだけど、出会いって、不思議です。赤の強い、ブス〜〜っとした愛嬌の無い子に、僕達は釘付けになってしまいました。
 
画像


 「先生、この子、どうでしょう?」
 「うん?どれ?」
 僕1人だったら、こういうサービスはしないんでしょうけど、この時、嫁さんが隣にいましたからね!(本当に女性のお客さんには優しいんです。男性のお客にもご親切ですよ!ちょっと、スマイルの量が違うだけっ!)
 モゴモゴモゴ・・・、キュッキュッ・・・ピラピラ・・・。ここ、企業秘密らしいので、書けないけど、仔犬の目を覗き込みながらチャチャッ!とアチコチ触ったんです。
 
画像


 で、、
 「この子、良いよ!これにしなっ!
 「。。。。」(大丈夫なんだろうな。このオッサン、とか思ったわけじゃないですけど・・・。)

 とにかく、この日、後のサンディーは、おウチに来ることになったんです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おチビのサンディー♪(『宝物』発見される!!) Dogs of Bay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる