Dogs of Bay

アクセスカウンタ

zoom RSS 九州ブロック アジリティー競技会@芦屋町♪(ロビンぱぱ、『最後に、ヒトハナ』に挑戦か?)

<<   作成日時 : 2010/03/08 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 さて、サンちゃんが、久々にクリーンラン♪シーンを僕に見せてくれた後、3度のJPリング、AGリングはそれぞれ、1度のJP、AGリングに設定を替え、僕とロビンはJP1からの挑戦です。

 このところ、ロビンと僕とのアジ練は、少しまた、進化してきた気がします。
 ロビンのバー落としには色んな要因がありますけど、ハンドラーとして避けられるものは、避けたいわけです。
 で、最たるものはオーバー・アクションなんですけど、これは、少しずつ治ってきた感じがします。まだ、バー上にロビンが飛躍するときに手を下げてしまう!という悪癖が抜けきらないのだけど、上空で振り回すのはほとんど無くなってきました。
 で、今、集中しているのが、自分が前に居られるときに、ロビンを視界から出さない『我慢』?です。
 例えば、よくある亀の子の真ん中に入ったようなとき、ロビンに背を向けない!という『我慢』です。実際のハンドリングではやってはいけないことでしょうが、両手を開いてロビンを回しこんでみると、この両手の中にロビンを捕らえきっている場合と、ロビンがそのゾーンから出てしまった場合では、僕もロビンも『安心感』がまるで違うのです。

 もちろん、年齢のせいもあるのだろうけど、ゾーンのなかにロビンを捕らえきれると、ロビンの動きがとってもゆっくりに見えます。だから、早め早めに指示が出せるし、そうすることで、ロビンも自信を持って飛べるので、跳躍が大きなものになり、バー落とし対策が完成しやすいのです。
 正直、僕がもう少し運動神経が良かったらなぁ。。

 で、ロビンのJP1です。
 


 スタートバーが落ちます。やはり、もう一呼吸、落ち着いて出したいです。結構練習の成果は出ていると思いますけど、ロビンの後ろに回った途端、バタバタ・・・と落としてしまいました。
 もう少し、僕もスピードアップするべきだし、ロビンが安心して前を大きく跳べるように、押して行けるようなハンドリングができたら良いのだけど。。

 で、AG1は、残念ながらビデオが無いのですが、本人的には、もう少し良かったんです。当たり前ですけど、AGのほうがバーは少ないですからね。
 もちろん、AGでクリーンランしないと、昇格とか出来ない競技なんだけど、僕的には、タッチを飛ぼうが、スラを外そうが、『落っことしモノ』をひとつも落とさず帰ってくる子は、神様に見えます。ジャンピングは良かったけどAGが悪かったと落ち込むヒト、、、ゼータクですっ!
 
 ジャンピングの王様!良いなぁ〜。うらやましいです。

 ところで、遠征の楽しみは、その場所のご飯だったりします。

 競技会が終わり、お友達と美味しいお魚のご飯を頂きました。こういう時って、普段、学校のお教室とかでは話題に上らない話も出ます。
 最近の僕の関心事は、結構、@番が早いトコ片付いてくれないか?先立つものは、可愛い彼女さん。ワンコばっかり交配してるけど、ヒトのほうには、なかなか話が来ない。。みたいなことが関心事なんで、幻想かもしれないけれど、周り中に可愛い娘のいそうな業界にいらっしゃりそうな、某マックのパパさんに、
 「良い子いません?」
 とか、ついつい婚活しちゃったわけですよ。

 「ロビンぱぱさん。」
 「ん??」
 「息子さんもそうでしょうが・・・」
 「ん??」
 「ロビンぱぱさんも、、最後にヒトハナ 咲かしてみたらどうかと・・・」
 「
 
 最後って・・・言うなぁ〜!!!みたいなっ。。
 見てろよ。早く帰って、練習して、若々しくクリーンラン♪しちゃるからね!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
九州ブロック アジリティー競技会@芦屋町♪(ロビンぱぱ、『最後に、ヒトハナ』に挑戦か?) Dogs of Bay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる