Dogs of Bay

アクセスカウンタ

zoom RSS ロビンの『手術』。。

<<   作成日時 : 2010/04/05 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 先週の水曜日、ロビンの手術の予約日でした。

 直前の血液検査(麻酔の可否を調べるそうです。)の結果も良く、いよいよ明日に手術日を控えた夜、困った時の・・・と言うと怒られそうだけど、思い立って、お仏壇をピカピカにしました。
 ま・・、こうすりゃ、何でもOKなら、とっくにクリーンランしてるよな。。とか不謹慎なことを考えていると、嫁さんの怒った顔が目に浮かんだりして。。

 さぁ、寝よう!と思って、ロビンの様子を覗いてみたら、ビックリ。

 小さなシャボン玉のようだったシッポのニキビが爆発していました。。
 
 困ったなぁ。。と思ったけれど、翌日に手術の予約をしている!ということは、獣医さんに行くわけだから、応急の手当てで十分です。
 体に何か入れるのは怖いので、傷口を消毒だけして、ガーゼで保護し、クッツキ包帯を軽く巻きました。

 当日、場合によっては、お仕事は休む気マンマンで迎え、獣医さんに行きました。
 
 「あの、、実は。。」
 と、昨晩、問題のニキビが破裂してしまったことをお話しました。
 
 「ふむ。。」
 と、ミコ先生は、患部を手にとって、調べ始めました。
 「う〜ん。綺麗に中身が出て、平らになってますね。」
 「はぁ。。」
 ほんの少しの間をおいて、先生がおっしゃいました。
 「で、、、やります?手術??」
 「え??」

 もちろん、準備もしてあるので、やってやれないことは無いのだけど、オデキが破裂して中身が出てしまえば、平らになっていて、しこりも無いし、傷口も綺麗です。手術で皮下の袋を取り除けば、そこに溜まることは無くなるけれど、ロビンの場合、臭腺にそって、『予備軍』になる口が無いとも言えず、しばらくしてまた、ぷく〜〜っと別の場所が膨らむ可能性もある。ちなみに、先生のところのオスの老犬にもこれがあるそうです。
 根本的な方法の一つは去勢することなんんだけど、それは、避けたいのでしょう??

 そういう趣旨のお話でした。
 
 「で、、どうします??」

 「はい。やめます!!!」
 
 なんかね。本当は、こう言いたくってしょうがなかったんですよ。魔がさした?みたいに、手術に向かってしまったけれど、病気じゃないのだもの。

 僕が、気にしてそ〜〜〜っと、シッポを覗くと、「やばっ。。。」っという顔をロビンはして、シッポを隠していました。仏壇でチ〜〜〜ン♪とやった瞬間、きっと、ロビンは、これは、こいつを食っちまったほうが安全そうだ!と思ったのじゃないか?と思います。

 なんだか、何もなくなってしまったのだけど、妙なプレッシャーから開放されたというか、憑き物が落ちた、というのか?ど・・・っと、疲れて、午前中は、オサボリしちゃいました。
 絶対、仏様が何かやったんだと思いましたよ。
 なにより、良い先生で良かったです。

 おウチに戻り、裏庭に降りてみたら、凄い良い香りがしました。
 バーゲンのヒヤシンスの球根をあっちこっちに押し込んだのだけど、一斉に咲いたのでした。
 
画像


 
画像


 
画像


 年を重ねると、いろんなものが出てくるのだけど、それが病気じゃないなら、上手に付き合っていかないといけないのかもしれません。なんだか、ロビンに教わった気がしました。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 手術のお話を伺ってから、しばらくアップが無かったのでちょっと心配していました。そういうことならOK、花丸です。安心。
 自ら処理したロビン君、お利巧さんでしたね。
心配性のパパさんのことを気遣ったのか、奥様の気遣いか、きっと両方だと思います。
心は繋がっている!
S&Sまま
2010/04/06 18:31
S&Sままさん、こんばんは〜☆
いろいろと、ご心配いただいて、本当に申し訳ないし、ありがたいです。
『あれ?爪が伸びてるなぁ…。』と思って視線をつま先に持っていくと、触ってもいないのに、ササササ…っと、足を隠してしまうところが、ロビ助にはあります。
こちらは『良かれ』と思うのですが、あちらは『ありがた迷惑』と思っているのでしょうか???
でも、今回の件、お医者さんに『本当にヤ・リ・マ・ス・カ?』って、言われた瞬間、合言葉のように、『ハイ!!やめます!!』って言えたので本当に良かったと思います。
ロビンにとっては、不幸中の幸いだったはずだし、もしかして、守ってもらえてるのかも…って思います。飼い主が、もっと、シッカリしないとダメですよね。猛反省しましたよ。
ロビンぱぱ
2010/04/07 00:57
今日はお話させていただき、楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございました。ルースがアジを楽しそうにやっていたと思っていただけてとても嬉しいです。またどこかでお会いできる日を楽しみにしています。
るーすmama
2010/04/11 21:43
るーすmamaさん、こんばんは〜☆
Dogs of Bayにようこそ!
ルース君の状態を知らず、本当に失礼しました。
日曜教室で、1つ1つ着実に課題をこなし、褒められ、自信をつけていくルース君の姿は、横で拝見していても、本当に光り輝いていて、とっても楽しみな子でした。今日、訃報をうかがい、残念でなりません。心からお悔やみ申し上げます。
でも、素晴らしいご家族に囲まれ、訓練競技に、アジに、頑張ったルース君、本当に幸せな子だったと思います。一時も、愛されていない時間がなかった子だと、お話をうかがっていて、よくわかりました。
お嬢さんもとても寂しいでしょう。いつか、ご家族と頑張るチビっ子(やっぱりオーシーかな?)と併走するルース君に会えそうです!
こちらこそ、今後とも、どうぞ、よろしくお願いします。
ロビンぱぱ
2010/04/12 00:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロビンの『手術』。。 Dogs of Bay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる