Dogs of Bay

アクセスカウンタ

zoom RSS サンディーの修学旅行(3日目〜霧のファンタジー〜☆)

<<   作成日時 : 2010/07/20 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 納沙布岬を出発した僕達は、根室から続くコバルトブルーの気持ちの良い海岸線を、修学旅行の最後の宿泊地、釧路に向けて、走ります。飛ばせば2時間半?くらいなんだろうけど、ノンビリ、潮風を楽しみながら。
 
 途中、とっても寄りたいスポットがあるのだけど、その前に、厚岸(あっけし)の話になりました。
 2006年の夏、サンちゃんは師匠と、ロビ助は僕と@番と、それぞれ学校とおウチから、仙台のアジに出かけたのだけど、その時、『夏の牡蠣』を食べました。夏でも食べられる牡蠣を作ってるんです。
 でも、『厚岸の牡蠣』こそ、通年、美味しいので、有名。
 この思い出話を道中していたら、
 『牡蠣・・・・、食べたいよね。。』
 『え・・。もう??』
 という話になりました。

 まぁ、僕達の旅は、買い食いの旅でもある(でぶやかっ!!)ので、それぞれは、少しずつにしてますから、オヤツに牡蠣もありかな?(あるか?そんなの・・・。)というノリで、途中下車することにしました。
 まぁ、ロビサンも外の空気をまた吸いたいしね。
 厚岸の道の駅、コンキリエ(アイヌ語かと思ったら、イタリア語で貝殻の意味なんですと・・・。)です。
 
画像


 変な時間に飛び込んだので、調理に時間が30分くらいかかる・・・ということで、ロビサンと遊んで待つことにしました。
 
画像


 
画像


 道の駅だから、お土産ももの凄く充実しているので、仕事場にお土産も。
 
画像

 これ、『牡蠣最中』といって、リアルな牡蠣の形の最中に、あんことギュウヒが入っています。メチャメチャ美味しいんですよ。

 車にお土産をしまっていたら、お店のヒトに、『ご飯できましたよ〜♪』と呼ばれました。(だから、オヤツですってば。。)

 牡蠣といえば、、生牡蠣!
 
画像


 いや、、牡蠣といえば、カキフライ!
 
画像


 いえいえ、牡蠣といえば、、絶対、牡蠣釜飯!!
 
画像


 そんな欲張りなあ〜たのために、コンキリエさんは、それぞれが楽しめる牡蠣ずくしを用意してくれてました。
 高田屋嘉兵衛から、外国の捕鯨船まで、歴史の1ページをお話してくださったウェイターさんが、記念写真を撮ってくれました。
 
画像


 『そうそう、ナビに出てこないんですが、行きたいところがあるんですけど・・・』
 『はいはい。どこですか?あ・・、意外にわかりにくいですよね。」

 いよいよ、この旅の最後の目的地に出発です。
 
 厚岸大橋をわたり、教わった細い山道を登り、駐車場につくと、駐車場の売店は4時でしまっていました。
 小さな木の看板が、目的地は、この森の先、800mほどにあることを教えてくれたので、ロビサンも一緒に、林の中を進みます。
 先ほどまでの汗ばむような晴天がウソのように、林の中は涼しく、岬の丘にズンズン進むと、あたりは濃い霧におおわれてきて、霧のトンネルのようです。
 もの凄く幻想的な雰囲気なので、先導してくれる(ニオイ採ってるだけ?)ロビン越しに、動画を撮っていたら、その瞬間が来たのです。
 


 感動しましたねぇ。。柵ごしでないエゾ鹿の群れ。。霧という舞台もあったからだけど、素晴らしかったです。

 ここ、『愛冠岬(アイカップミサキ)』と言います。『困難を乗り越え、愛の栄冠を得る』という思いで名づけられたそうなのだけど、ベルアーチがあり、恋人達の願いをかなえてくれるのだとか。
 ライアン君とアリスちゃん、頑張ってね!
 


 『仲良くしてくれると良いね!』
 『うんうん。』
 本当は、崖の上で海が見渡せるスポットなのだけど、雲の中にいるみたい。夕方で、ちょっと、怖くもなってきたので、車に戻り始めました。
 『ねね・・・、あれ。』
 『あ・・』
 
 


 さっき、逃げてしまったのかな?と思ったエゾ鹿の群れ、家族?が、また集まってきて、見守っていてくれたんです。
 『あのさ、今度は、うまくいきそうだね!』
 『うん。そんな気がしてきた。』

 
画像


 この後、僕達は、この短い3泊の修学旅行の最終地、釧路に泊まりました。
 
画像


 さすがに、お腹いっぱいだったので、地元の方に教わった炉辺焼き屋さんで、ちょこっと、いっぱい(ウーロン茶だけどね。)飲んで、休みました。
 
画像


 短い旅の長い長いブログは、これでお仕舞いなのでした。@番、ありがとうね!
 小学生の夏休み最終日を思い出しちゃいましたよ。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サンディーの修学旅行(3日目〜霧のファンタジー〜☆) Dogs of Bay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる