Dogs of Bay

アクセスカウンタ

zoom RSS サンディーの修学旅行(2日目〜博物館網走監獄)

<<   作成日時 : 2010/07/16 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 さて、2日目。
 美味しい朝ごはんをいただき、スタッフの皆さんにお別れをしていたら、
 『絶対、桜の滝に寄ってみてください!』
 と、勧められました。観光ガイドには載っていないのだけど、この時期、サクラマスが、産卵のために川を遡上し、桜の滝をジャンプしてさかのぼっていく姿が見られるのだそうです。
 
 『へぇ〜!!ありがとう。寄ってみますね。』
 『ハイ!またのお越しをお待ちしていますよ。』
 
 そんなわけで、2日目の最初に訪れた場所は、桜の滝です。ガイドにも出てないので、教わった道筋を見ながら走ります。うむ。旅だなっ!旅っ!!
 未舗装の駐車場にレンタカーを置き、『クマに注意』の看板に、注意ったって、どーすりゃいいの?と思いながら、遊歩道を少し下ると、ありました♪
 


 残念ながら、サクラマス達は見ることができませんでした。(自宅に戻った後、偶然テレビのローカルニュースで、まったく同じ場所が写り、たくさんのサクラマスが滝を飛び越えていました。)
 でも、素晴らしい空気。森の中の滝って、命が洗われるような感動がありますね。
 
画像


 今日は、午前中、網走に遊びに行き、午後、道東の半分を縦走して南下する予定です。時間的にもゆったりしています。広大なジャガイモ畑が車窓に広がっていました。
 ジャガイモの花、可愛いですね♪
 
画像

 
 2頭の後ろ、すごい広がりだと思いませんか?メイクインなんでしょうか?男爵なんでしょうか?
 おイモは地下に出来るんだろうけど、このお花、実をつけるのでしょうか?
 
画像


 平日だからなのでしょうか?道も観光地も空いていて、スイスイ。
 昨年どこでも遭遇した中国観光旅団?にぶつかりませんでした。大雪山山系が、万里の長城の役目を果してくれているのか?
 網走の目的地、『博物館網走監獄』の駐車場も空いていて、ほとんど無い日陰に車を停められました。ここは、さすがにワンコはダメです。待っててね♪
 駐車場から、この『鏡橋』を渡ると、『博物館網走監獄』です。実は、網走には、ちゃんとした網走刑務所も存在しています。間違えると大変ですよ。
 
画像
 

 ここ博物館網走監獄は、昔の網走刑務所の建物を移築したテーマ・パーク?で、当時の様子を人形を配置して再現しているのですが、とっても面白く、童心に帰ってしまいます。(というか、帰りすぎたかも。。)
 
画像


 広い敷地に、いろいろな監獄の建物が再現されてます。ここが、『容疑者さんが最初に入る事務所』
 
画像


 で、いきなり、こんなセットがあったりして、鉄格子がくにゃっ♪って、伸びるんですよ。あはは。
 
画像


 最初の建物から、順路の矢印に沿って、園内を巡ります。これは、裁判所。
 
画像


 中に入ると、裁判のセットが再現されていて、思わず、イタズラ心がムクムク。高校生くらいのガキに戻ってしまった気がします。
 
画像


 ここ、カップルで遊びに来たら、面白いでしょうね。絶対、やるでしょ?こういうの。(わからないかも?だけど、一番後ろの色の鮮やかなのは、高倉健さんです。ウソ。。)
 
画像


 こういう囚人服を着た当時の囚人達は、農作業や道路工事に従事したそうで、北海道開拓の大きな役割を果したそうです。
 園内を歩いていると、農作業のシーンが再現されていて、
 
画像


 作業に従事する囚人達の宿舎があります。
 
画像


 でね。ここ、すごいんですよ。『カリブの海賊』みたいなのっ!
 


 農作業の農具のメンテナンスをする鍛冶屋さんも。普段、警察犬訓練所とか見ていると、あまり違和感・・・あぶないあぶない・・・
 


 そして、ここが、とても有名な放射状平屋木造監獄。
 
画像


 この脱獄おじさんの画像、ガイドブックにも載ってますよね。
 
画像


 最後の最後で、@番も、ちょっとチャメっ気が出てきたような。あはは。
 
画像


 ロビン君とサンディー君はどうしたんだ??
 はい。車でお留守番でした。お土産のソフトクリーム(これ、美味しかった。)を食べて、午後の部の観光に皆で出発したのでした。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サンディーの修学旅行(2日目〜博物館網走監獄) Dogs of Bay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる