Dogs of Bay

アクセスカウンタ

zoom RSS 札幌クラブ アジリティー競技会〜A♪@ドグスポランド恵庭(ロビンぱぱ、がっかりする。。)

<<   作成日時 : 2011/07/17 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 アジリティーの競技人口は、どんどん増えているから1度の頭数は増え続けているし、いったん3度にあがると、そう簡単には引退しないので3度の頭数も増え続けるけど、その中間にある2度は一番頭数が少ない??って、理論的な説明なんでしょうか?
 ともあれ、2度ラージの頭数が28頭というのは、本当に少ない気がします。

 この日の競技開始は、本来は8時だったのですが、午後から大雨になる!という予報でもあったので、開始時間が早まり、1度も失格即退場で進行してきたので、結構、進行が早かったです。
 
 今回、駐車場の場所が、いつもの場所ではなく、リングに近い場所に変わっていました。僕とサンディーは4頭目なので、検分が終わって、即、迎えに行けば問題ないはずだったのですが、僕の前の2頭にキャンセル?重複?があって2頭目に繰り上がってしまいました。

 慌ててスタートに向いますが、到着、即、入場!のようなタイミングで、呼吸も整えていません。
 出走です。
 

 サンディーは、ちゃんと待っていたんですよ。それなのに、何をビビったのか、検分のときに決めたはずのスタート立ち位置に届く手前で出してしまったんです。
 フロントの指示が手遅れになっていて、後ろを走られ、拒絶したサンちゃんは、珍しくスラを横切ってしまいます。
 
 もう。凹みましたよ。
 あれもこれも、理由付けすれば、いろいろあります。
 けれども、あまりにも即死なので、ショックが大きいんですよね。

 ですから、AG2では、そのいろいろを修正しました。
 急いで迎えに行ったけれどリング前では一呼吸取り、自分のタイミングで入りました。雨足は強くなってきたけれど、動きが取れないので、カッパは脱いじゃいました。
 何よりもサンディーを信じること。
 このコースは、ドッグウォークとAフレームをトンネルが貫通しているコースです。待たせて、行かせる!それに見合う平行の走りを自分がする!これだけです。

 出走です。
 

 
 ドッグ・ウォーク下のトンネルには、ロビンだと付いて行かないと入れませんが、サンディーなら『ゴー♪』で入ります。
 だから、レンガ前.までで、どれだけ『ゴー♪』の動きを表現できるか?に集中し、サンディーがトンネルに向ったら、トンネルの出口とAフレームトンネル入口を結ぶ直線とただ平行に短く『ゴー♪』で送り、リア・スイッチ♪の予定でした。でも、ジャッジのアレンさんはオマケしてくださってますが、僕の足は気持ちとは全然別に踏みとどまっていなくって、ドッグウォークの上り口をまたいでいます。

 『×〜!!』のシグナルを出しかけたけれど、『やっぱ、セーフにしとこ・・・』みたいなアレンさん、やさしいですね。クロアチアにはあまりいないレッドボーダーだから、見たかったのかな?
 でも、せっかく走らせてくださったのに、即、失格してしまった。。残念です。。

 ものすごく進行が早くって、3時前に競技は終了してしまいました。なにかあるといけないので遅い飛行機を予約していましたが、2時間くらい早められます。
 手配をして、早い飛行機に変更して、師匠&ラッ君を千歳空港に送ります。
 この日、マリアンのお母さん、アリスちゃんは、ジャンピングで5席に入り、出産後のカムバックを飾り、表彰式後、ももありさんご一家も、合流してくださり、空港ビルで早めの夕飯をご一緒できました。
 
 ラッ君を師匠に託し、別れ際、師匠が明日のために一言だけアドバイスをくださいました。
 『コマンドが遅いです。1回で言い終わろうとせず、4回は発音してみてください!早めに言い始めないと4回言えませんよ♪
 『
 
 とってもシンプルですが、僕にはピッタリのアドバイスだったと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
札幌クラブ アジリティー競技会〜A♪@ドグスポランド恵庭(ロビンぱぱ、がっかりする。。) Dogs of Bay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる