Dogs of Bay

アクセスカウンタ

zoom RSS 『霧が峰休暇』が終わったよ♪(ラッ君、マリちゃん、学校に戻る。。)

<<   作成日時 : 2011/10/18 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 デンヤマ先生のところで念のためにお願いしたラッ君の血液検査の結果、アルカリフォスファターゼという指標が、非常に高く、GPTも高かったのです。

 ただ、病院を訪ねたのが、夕食後ほどなくという時間だったことも影響したかもしれません。食事の影響を診るために、食前食後で採血してみようか?ということになり、同時に、肝臓周辺だけ、エコーも見ておくほうが良さそうだということになりました。
 このため、学校に戻る前に、再度血液検査をしよう!ということになり、月曜日の朝、デンヤマ先生のところを訪ねることになっていたのです。

 で、、ラッ君、マリちゃんで、行ってきました。

 ラッ君のブツブツは、お腹の回りも、四肢も、耳の中、目の周辺にも存在していません。ですから、皮膚炎とか、ダニの害とかから考えにくいのです。
 僕が不潔なブラシで強く引っ掻いてしまった場所、、首筋と背中の上部に固まっている…と考えて間違いないと思います。
 ただ、原因がそうだとして、これだけ、ブツブツが出るのは、他に免疫が低下している原因があるのかもしれないのです。。

 前回、『あまりにも数が多いから…』とは言われましたが、ドルバロンをつけてやることは悪いことではない!と聞いていたので、指で首筋から背中に沿って降ろし、指先がブツブツに触れるとドルバロンのクチバシの先から少し液を出し、ブツブツの根元にすり込む・・・みたいなのをやっていたのですが、フサフサピカピカのラッ君の毛並みは、ムースをつけたように、なってしまったうえに、真皮まで達してしまったようなカサブタが、数日のうちに、浮き上がってきていました。正直、ベタベタにボソボソ・・・とカサブタのクズがアチコチこびりついているわけですから、めっちゃ汚いです。

 でも、殺菌剤を主とした治療を始めてまだ5日です。処方では、2週間投与してみる計画ですから、例えば薬用シャンプーで洗う…ような選択は、NGなのです。(気持ちは、今すぐ洗ってやりたいんですけど。。

 最初の採血を終え、エコーをかける間待合で待っていました。
 ほどなくして、画像のコピーを持って、デンヤマ先生が説明してくださいました。
 『肝臓も胆嚢も周辺の臓器もとっても綺麗ですよ!
 とりあえずは、安心です。また、背中のブツブツも、
 『確かに治り始めてますよ!カサブタの周辺の皮膚の状態がすごく綺麗だし、傷も治りかけていますよ!』
 良かった。。ベタベタにしちゃったけれど、その効果はあったんですね。
 でも、このあと、食事を取らせて(ラッ君は、おウチでは朝晩2食なんです。)2時間ほど待ち、再度採血をし、朝一番の採血と合わせて、結果が出るのに数日かかります。

 ピカピカで『霧が峰休暇』に戻ってきたラッ君を、ボロクズ状態で学校に戻す…、師匠に会わせる顔が無いのだけど、元気はメチャメチャ元気だし、食欲もウンチも絶好調。なによりも、他の子にうつる要因はなさそうなのです。デンヤマ先生の許可も出ました。
 で、今日、学校に送っていくことにしました。
 
画像


 師匠にも、洗ってやりたい気持ちを抑えていただいて、次の日曜日にラッ君を連れ出し、診察していただき、OKが出たら、シャンプーもフロントラインもお願いできます。
 師匠、とっても心配してくださっていたので、ベタベタ以外は元気そうなラッ君に安心されたようです。
 残りの抗菌剤をお渡ししました。
 ラッ君、師匠とお話しながら、自分の犬舎に行ってしまいました。

 そして、マリちゃんも今日から学校です。
 @番が、学校まで付き合ってくれましたよ。
 
画像


 今回の『霧が峰休暇』、マリちゃんには、とっても大きな休暇でした。
 最初の2日間だけは、バリケンで過ごす時間を多く取ったのですけど、残りはずっと、フリーだったんです。
 他の子達、特にサンディーとの関係も、ようやくサンディーに認めてもらえた?感じがするし、実は、後半は僕のベッドで眠っていたんです。

 可愛いんですよ。顔の真横に来て丸くなるんですから!
 うっかりしたら、恋人ですよ!

 ラッ君の検査の日、マリちゃんも、シッポの完治した状況を、デンヤマ先生に確認していただいて、こちらは、完璧に治っている!とほめていただきました。
 『でも、このあと、また、やらないように!が大事なんですからね!』と言われています。
 なので、しばらくは、学校の犬舎内で、シッポの先をかませない!ようにしたいのです。
 新しく購入したヒッポカラーを、一緒に預けました。(持ち帰っていた学校のエリザベスももちろん返却しました。)
 ヒッポカラーの具合が、とても良さそうなのですけど、ヒッポカラーのビニールのカバーの中には、ビーズを仕込んだクッションが収められていますから、バラバラに食いちぎられたりしてビーズを食べられのは嫌です。

 師匠は見て、
 『うん。これ、負担がかからないで良いですねぇ!!様子を見て、気をつけて使いますね!』
 と喜んでくださいましたよ。
 
 可愛いマリアンも、ブルーのヒッポカラーを巻いたまま、師匠に飛びつき絡みつき、
 『あんがぁ〜〜!!
 とリードにじゃれ付きながら、自分の犬舎に行ってしまいました。

 2頭いっぺんにいなくなると、寂しさも『二乗』って感じです。。
 ロビサンと、頑張らなくっちゃね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『霧が峰休暇』が終わったよ♪(ラッ君、マリちゃん、学校に戻る。。) Dogs of Bay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる