Dogs of Bay

アクセスカウンタ

zoom RSS 桜吹雪に♪

<<   作成日時 : 2013/03/31 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 先週、とっても幸せな、けれども、僕にとってはちょっと悲しいニュースを聞いてしまいました。
 
 このところ、お願いして遊んでもらっていた可愛いシェパードの男の子2頭がいることを書きましたけれど、なんと、2頭共に、新しい飼い主さんが決まってしまって、もうすぐ、学校から旅立ってしまうのだそうです。
 昨日は、ST(ジャーマン・シェパード・トレーナーズ・クラブ)西日本の大会がドラハであり、ピュッツ君も、いっちゃんも展覧会(ショー)に出かけていたのです。
 
 この話を先週の土曜日に聞いてしまったので、先週の日曜日は、朝一番で学校に行き、2頭共にお散歩をしてきました。
 師匠兄先生に教わったご近所の公園には、桜の大木があって、満開でした。 
 『もしかしたら、サンちゃんが、お礼をしたのだろうか?』
 とか、考えましたよ。

 ピュッツ君も、いっちゃんも、本当に優しく、小さなトイプードルのシツケのなってない奴とかが、ぎゃんぎゃんっ吠えかかったりすると、逆に後ずさりして、僕の後に隠れてしまうくらいの箱入り君なのです。
 僕は、ジャーマン・シェパードは、勇猛で、警察犬で、麻薬探知犬で、IPOで、防衛で…みたいに、思っていた(偏見も良いところでした。ごめんなさい。。)のですが、この2頭と、歩いて、公園のベンチで満開の桜を見上げていると、ズシリ・・と暖かく体を寄せてきてくれる感触は、なにものにも変えがたい魅力を感じます。
  
 ジャーマン・シェパードを『犬の王様』と言うことがあって、性能とか、美しさ、でそう言うと、なんとも鼻にシワが寄るような、嫌味を感じていたのだけど、このとてつもなく甘ったれの大きな子犬のような感じは、圧倒的に可愛いのです。

 実は、ピュッツ君は、番犬を期待されたのに、あまりに優しくて期待に応えられなかった(どんな期待だったんだ??)ので、こちらにいるのです。
 静かで、堂々として、優しい素晴らしい子です。いっちゃんだって、大きすぎるショードッグなんだろうけど、本当にじゃれて来るところは子犬そのものです。
 2頭とも、新しいおウチの良きパートナーとして幸せに暮らしてほしいなぁ。小さい子がいたら、きっと、一生忘れないお友達になってくれると思いますよ。

 驚いたことに、この日、ピュッツ君もいっちゃんも、滋賀から帰っていました。
 展覧会の成績は期待されてない…とか、数合わせみたいなことも聞いてしまっていたので、先週のお散歩で、いっちゃんに『1席とっちゃえ!』とそそのかしたのですが、2席とったらしい!

 ご褒美に、連休前には、学校を旅立ついっちゃんとお散歩してきました。
 先週満開だった桜の大木の下の道は、桜吹雪が舞っていました。
 
画像


 幸せになってほしいです。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
桜吹雪に♪ Dogs of Bay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる