Dogs of Bay

アクセスカウンタ

zoom RSS 凸凹親子Sの北海道〜☆(洞爺湖で涼んで来ました)

<<   作成日時 : 2013/07/15 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 師匠を送り出した翌日、訓練競技会でちょこっとだけ、応援をしてきました。
 
 皆、輝いていました。
 もの凄いレパートリーの多い空ちゃんを見たり、弾むすずちゃん、シットリしたジーナちゃんを見ると、我が家のラッ君、マリちゃんにも、頑張ってもらわなくっちゃかな?(かな?が弱気ですが。。)と思っちゃいます。

 タープの中の会話が、日本ハム中心だったりして、北海道を実感します。
 局地的かも知れないけれど、大谷翔平君の人気の高さに、ビックリしますよ。

 お昼過ぎ、訓練競技会場を後にして、洞爺湖に向いました。
 今夜、一泊は、@番に美味しい夕飯と温泉をプレゼントなんです。

 @番は、3度目の正直で、簿記の3級に受かりました。
 簿記の3級は、簡単なのですが、実は一番難しい試験で有名です。
 食わず嫌いじゃないけれど、漠然と、『簿記』とか『経理』とかを嫌がっていると、面白さを感じる前の段階で、挫折しやすいのです。つまり、戦わずして敗れやすい試験と言えるかも。
 
 このところ、無茶苦茶忙しい時期があって、やむなく実務で経理を手伝ったりしたこともあって、今回は、本当に真面目に勉強している空気を感じましたよ。
 
 洞爺湖、涼しいです。 
 
画像

 彫刻の並ぶ湖畔の遊歩道に、足湯の出来る東屋があったりします。
 
画像


 
画像


 昨年新装オープンしたばかりということで、とっても綺麗なホテルでした。
 
画像


 ただ、『ペットと泊れる』を、セールス・ポイントにしているのですけど、こちらは全然消化不良。

 そもそも、駐車場から、お部屋までの動線が全然確立していません。 
 オシャレなエレベーターが小さすぎて、上の写真の台車が入らないのですから。

 単純にペット同伴宿泊客の居室の横に車寄せを着ければ、すべてが解決するのに、そういうことに目が行き届かない人間が、支配人をしているのでしょう。 

 また、ペット宿泊フロアに、ミニ・ドッグランらしきものが有ったので、ウンチの捨て場所を聞いたのですが、何の用意もしてありません。

 そもそも、『ペット可』をうたう物件は、昔は『いわつくき』とか『少々難あり』なお部屋を割高に貸したい!という宿側の都合でやっている場合が多かったから、基本的に、僕は敬遠していました。
 最近は、かなり、『ペット可』ではなく、『ペットと同宿したいワガママな富裕層取り込み』を狙った物件が結構誕生しているけれど、十分な対応の出来る物件にめぐり合ったことはありません。
 
 お部屋が立派なだけに、本当に、残念です。
 
画像


 でも、夕飯は、素晴らしく美味しかったし、窓からの夏の夜の湖面の花火も素敵でした。
 
画像


 このお部屋のおかげで、ロビンとラックがとっても仲良く、くっついているのを見ることが出来ました。
 なので、総合点は、合格点をあげておきます!
 でも、オススメするほどではないので、名前は書きません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
凸凹親子Sの北海道〜☆(洞爺湖で涼んで来ました) Dogs of Bay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる