Dogs of Bay

アクセスカウンタ

zoom RSS 北海道西クラブアジリティー競技会♪@桜町(サーシャさんはイケメンだった!)

<<   作成日時 : 2014/09/19 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 最近、僕は情報端末を使いこなし(振り回され)まくっています。

 最近顕著な変化は、スマホを起動させている時間が長いこと。
 今頃、フェイスブックとやらをいじり始めたからです。

 そんななかで、偶然、え?という人が、フェイスブックのお友達になってくれたりするので、ビックリですが、今回のジャッジ、サーシャさんもたまたまそうなってます。
 で、実物に遇ったら、ご挨拶しようと思っていたので、握手しに行きましたが、お会いしてビックリ。。
 すごいイケメン!
 僕らの世代で言うと、デビッド・ボウイみたいなタイプ。
 
画像


 普段、アジリティーの世界では、『美形』というもの、本当に縁遠い(危ないかな?)と思うし、エレガントとかスタイリッシュとか言う単語は、ほぼ別世界な気がしますが、サーシャさんはスタイリッシュそのものですし、しかも笑顔で、失格したペアも、クリーンランしたペアも、拍手で自分の設計したコースから送りだしてくださる名ジャッジです。
 あ〜、このひと、自分の愛することに絶対手を抜かない愛情と、それを支えるエネルギーを併せ持っているのだな…と感動しちゃいましたよ。

 この日の僕とラッ君、JP3は失格でした。スラ入口の拒絶2回と、隣のコースのMCの失格アナウンスを勘違いして、自分が失格だと思って足を止めてしまった。ラッ君ごめん。。

 続くAG3は、なんとか帰って来られたけれど、ものすごいタイムロス。5秒で収まらなかったので、クリーンラン11頭、1ミス4頭の後の16位。。
 タイム減点は覚悟だけど、5秒以内が目標なので、とっても残念。。
 270の大回りと、普通にスラに誘導するだけで、3秒カットできたかも。。

 サーシャさんのコースは、障害の間隔が絶妙で、こらえるところをこらえ、行くところを行き、変なラインを作らず次を指示しないと、必ず破綻するように出来ています。
 素晴らしいコースなんだけど、近いトラップも多いので鈍足指導手にはシンドイ。

 AG3です。
 

 あやさんに撮っていただいたラッ君の画像。
 プリントして飾ってしまった!ありがとうございました!
 
画像


 ラッ君、もっと頑張って、キミが気持ちよくスピードを出せるように頑張るよ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北海道西クラブアジリティー競技会♪@桜町(サーシャさんはイケメンだった!) Dogs of Bay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる