Dogs of Bay

アクセスカウンタ

zoom RSS ラッ君&マリちゃんの夏休み〜♪(感動の清里デビュ〜☆)

<<   作成日時 : 2015/08/08 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 今回の夏休みの目的は、涼しいところで、ラッ君&マリちゃんと過ごすこと!なのだけど、なにも知らない場所に出かけていくわけで、それなりに、色々調べました。

 でも、観光スポットと言うよりも、涼しい森の中で、のんびりとラッ君&マリちゃんと過ごしたい!を優先させると、親切に教えてくれる地元のお宿のご主人のアドバイスのほうが、貴重でした。

 お盆休み期間に突入したばかりとはいえ、やはり、圏央道は少し混んでいて、中央高速に入るまで時間がかかり、清里に到着したときは、ちょうどお昼時でした。

 お宿に教わった、お蕎麦屋さんでご飯。
 
画像


 もともと東京で営業していたお蕎麦屋さんが、こちらに惚れ込んで、移住してしまわれたらしいけれど、そういう人がとっても多い土地柄みたいで、何か、古い世田谷、杉並とかの懐かしさを持っている気がします。

 お天気の駐車場の車にラッ君達を待たせているので、途中、心配で覗きに来たけれど、車のなかがヒンヤリしています。
 それでも、日中は30度を超えることもあるそうだけど、運よくこの日は、26度。
 ラッキーでした。

 この日は、お宿から、夕食時間を一斉に6時開始にさせてください…と、リクエストされていたので、それに会う、遅いチェックインにして、それまでは、清泉寮の周辺の森のなかでノンビリ過ごして、近くでもらい湯をすることにしました。

 森の木陰に入ると、気温が5℃くらい下がるような気がします。気持ち良いです。
 
画像


 やっぱり、普段鍛えているマリちゃんが一番元気。
 ラッ君は、最初は元気なんだけれど、すぐ疲れてしまう。お散歩不足だね。。申し訳ない。。
 
画像


 ゆっくりお散歩したあと、近くのお風呂の施設で、汗を流し、約束の夕食時間前にお宿にチェックイン。
 
 実は、この日の夕食が6時からいっせい!なのは、この日は、近隣の『萌木の村』で、『フィールド バレエ』という野外で行われるバレエ講演があるのです。
 
画像

 僕は、生まれてから一度も、本物のバレエを見たことがなかったのだけれど、@番と2人で、つまんなかったら、最初で最後かも知れないけれど、人生で一度はバレエを観てみよう!ということになりました。

 もう、ビックリ!
 感動しちゃいましたよ。
 もちろん、白鳥の湖は、子供のころから何度も聴いたことがあるのだけれど、通して、全部見たことはなかったし、ストーリーも知らなかったのです。

 場所が屋外だったからこそなんだろうけれど、後半の王宮の場面で黒鳥オディールが登場する前に、本物の花火が夜空に上がります。

 屋外だから?かもしれませんが、フードやドリンクの出店も素敵だったですよ。

 何よりも、白鳥達の踊りの素晴らしさ!!
 
画像


 舞台は、設定上はドイツ?なんだろうけれど、ストーリーは、まるで日本の浄瑠璃みたいな話だと思うし、とにかく綺麗!!
 今までバレエを見ないで本当に損した。。と思いました。

 8時から10時までの公演で、最後の方は寒いくらい。
 僕はお酒を飲まないから、自分の車で、ラッ君&マリちゃんも、駐車場で待っていてくれました。
 
 宿の駐車場は小さな森の中なので、眠る前のトイレ散歩をしていると、満天の星に目がくらみそうです。
 
 ラッ君&マリちゃんの夏休み、前場は大成功です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラッ君&マリちゃんの夏休み〜♪(感動の清里デビュ〜☆) Dogs of Bay/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる